LINEアプリ「すぐに落ちる(強制終了)・開けない・重い」など不具合発生(Ver.7.11アップデート後)

本日(2017年9月12日)14時頃から、LINEアプリが「すぐに落ちる(強制終了)・開かない・重い・フリーズする・」といったキーワードでの検索が急上昇しています。原因を調べたところ、iOS版のLINEアプリで本日配信が開始されたバージョン「Ver.7.11.0」にアップデートしたことが原因で発生しているようです。

特に、LINEアプリが立ち上がらない、開いてもすぐに落ちるといった不具合が多いみたいです。

自動アップデートにしていた為、強制的にアップデートされLINEが使えなくなっている方もいるみたいです。ひとまず、自動アップデートは停止しておいた方が良さそうです。

自動アップデートのおかげで、LINEすぐに落ちる。。

— Hikari (@k_jacky63) 2017年9月12日

これだけの不具合が発生していることを考えると、今はアップデートをしないほうが良さそうです。

どちらかというと不具合が発生していないユーザーの方が多い見たいですが、多くのユーザーがアップデートしたことが原因で不具合が発生している事が報告されています。アップデートしていない方は、修正版が配信されるまで様子をみることをおすすめします。

試しに、私の端末(iPhone7、iOS:10.3.3)でアップデートしましたが、問題なく利用できています。ソフトウェアのアップデートをしたら改善したという方もいるみたいですが、必ず直るかはわかりません。

今すぐにLINEを使いたいというのであればOSのバージョンアップを検討してみましょう。iOSのアップデートする際は、万が一のトラブルに備えて、バックアップを取っておくことをおすすめします。

<2017年9月16日追記>
LINEアプリが強制終了する不具合を修正したバージョン7.11.1がリリースしました。Ver.7.11.0を利用していてLINEが落ちたり、開けない不具合が発生している方はアップデートしてみましょう。アップデートはApp Storeより行えます。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。