LINEアプリの「GIFアニメ撮影機能」と「写真の絵文字加工」の使い方

LINEアプリのバージョン7.17.0の新機能として追加された「GIFアニメを撮影できる機能」と「写真加工に絵文字が利用可能」になりました。このページでは、この2つの新機能の使い方を解説します。現在(2017年12月4日時点)、Android版アプリでは利用できません。

動作確認:LINEアプリバージョン iOS版Ver.7.17.0

GIFアニメの撮影機能

LINEアプリには、既に撮影済みの静止画を複数枚選択してGIFアニメを作成する機能がありましたが、今回の新機能はLINEアプリのカメラの機能のひとつとして追加されているので、画像を事前に用意する必要なく、すぐにGIFアニメを撮影することができます。

LINEアプリ、GIFアニメの作り方とトーク画面の自動再生の停止方法

<使い方>
LINEアプリを立ち上げて、友だちとのトークルームを開きます。【カメラアイコン】をタップしてカメラを起動させます。シャッターボタンのすぐ上にある【GIF】をタップして、シャッターボタンが破線の円になればGIFアニメ撮影モードになっています。

【シャッターボタン】を押すと、10秒カウント終了後、撮影が開始します。撮影出来たらそのまま【送信】することもできますし、【保存】することもできます。

左下のアイコンで速度変更、下真ん中のボタンで逆再生に切り替えることができます。

LINEアプリの写真加工機能(絵文字)

LINEの写真加工機能には、手書き、文字挿入、トリミング、モザイクペン・ぼかしペンなどさまざまな機能の利用ができます。今回は、新しく絵文字スタンプを追加することができるようになりました。

<使い方>
LINEアプリ内のトークルームの【写真アイコン】をタップして加工する写真を選択します。画面下の【にこちゃんマーク】をタップして絵文字を追加できます。絵文字をピンチイン・ピンチアウトでサイズを変えたり、方向を変えたりして好きな位置に調節できます。

加工後は、送信や保存をしてください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。