LINEの取り消し済みトークの返信が送られてきた時に考えられる原因

LINEトークで間違えて友だちに送信してしまった長文のメッセージをすぐに削除(取り消し)したが、相手からそのメッセージに対する返信が届いた時の原因について解説します。すぐに消したので、相手には見られていないと思っていても実際は相手側のトーク画面や通知に残っていることもあります。

トークの取り消し機能について

一度送信したテキストメッセージやスタンプ、画像、動画などを選択して【送信取消】をタップすることで、送信した内容をトーク画面から削除することができます。この機能は、2017年12月13日より利用できるようになっています。自分・相手のトークルームで表示が消えますが、「メッセージの送信を取り消しました」と残るので内容はわかりませんが、何かを取り消したということはわかるようになっています。

LINEトークの取り消しの基本操作に関する記事はこちら
LINEトーク「送信取消機能」の使い方と仕組み(相手にばれるのか)

すぐに取り消したトーク内容が相手に伝わっている(返信が来る)原因

送信して一瞬で取り消したとすると、その友達は内容を読み切れないように思いますが、実際は取り消しできていないケースがあります。

友だちのLINEアプリのバージョンが古い

LINEアプリのバージョンが古いなどで非対応の場合はトーク画面から消えないことがあります。この場合、友だち側のトーク画面では取り消しは反映しません。

通知で確認した

通知画面でLINEで届いた内容を見れるように設定をしていると、通知画面では取り消しした内容が残る機種と残らない機種があります。iPhone X(iOS11.2)では通知も消えることが確認できました。

友だちが通知が残る機種を利用している場合、すぐに取り消ししても相手に伝わってしまう可能性があります。また、通知画面では数行しか見れない機種もありますが、通知を下にスクロールして全文確認できる機種もあります。

トークを削除している

トーク画面で取り消したいメッセージを選択して【削除】してしまった場合は、自分のトーク画面では消えていますが、相手側のトーク画面からは消えません。

「削除」ではなく、「送信取消」から行って下さい。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。