iPhoneで、「Safari」と「Chrome」上で、ブログやHPなどのWEBサイトをインターネットに接続していない状態で閲覧することができる「リーディングリスト」への追加と閲覧方法をご紹介します。

リーディングリストに読みたいページを登録しておくことで、後から好きな時に読むことができます。時間がない時に後からまとめて読むのにリストに入れて置いたり、オフライン環境でもリーディングリストに登録しているページは閲覧できるので、機内モードにしている時や電波環境が悪い場所でインターネットに接続できない時などに利用するのに便利です。リーディングリストへの登録はインターネットに接続できるオンライン状態での利用になります。

Safariのリーディングリストの使い方

追加方法
①Safariを起動させて、リーディングリストに登録したいページをアクセスします。

②画面下の【共有ボタン】をタップして、【リーディングリストに追加】を押します。

閲覧方法
Safariを起動【ブックマークボタン】⇒【リーディングリスト】より、追加登録したページが表示されます。こちらから見たいサイトを閲覧できます。

右下の【未続のみ表示】をタップすると、まだ読んでいないページがすぐにわかります。

Chromeのリーディングリストの使い方

Chromeアプリでは、バージョン57.0.2987.100より「リーディングリスト」機能が追加されました。旧バージョンをご利用の場合は利用できないので、App Storeよりアップデートを行う必要があります。

■追加方法
①Chromeアプリで、リーディングリストに追加したいページを開きます。

②右上の【メニューボタン(三)】⇒【共有ボタン】⇒【後で読む】をタップ。

「リーディングリストに追加しました」と出たら追加完了です。

閲覧方法
Chromeアプリの【メニューボタン】から【リーディングリスト】をタップすると、追加済みのサイトが表示されます。登録した好きなサイトを読むことができます。

読み終えたサイトは、右下の【編集】より、削除することができます。

 
iOSの関連記事
  • iOS10アップデートを失敗する不具合が発生、Wi-Fi経由のアップデートは要注意
  • iPhoneを持つと電源が勝手に入る(画面がつく)設定の解除方法
  • iOS9.3不具合多数発生、Safariやメールアプリでリンクが開かない、フリーズする【対処方法】
  • iPhoneのsafariで閲覧サイト、検索履歴、キャッシュ、クッキー情報を削除、自動保存しない方法
  • iOS11の画面収録、スマホ内部音だけ・外部音だけの録画の仕方。音量の調整
  • iPhoneの標準「カメラ」アプリでQRコードの読み取り方。機能しない原因と対策
  • iPhoneの「Night Shift」と「AirDrop」の使い方【iOS11コントロールセンター】
  • Apple Pay、au WALLETクレジットカードの設定方法。スタートキャンペーンでポイント2倍