iOS14:iPhone「ピクチャ・イン・ピクチャ」のやり方と設定手順。YouTubeアプリからはできない?

iOS14にて「ピクチャ・イン・ピクチャ」に対応しました。

ピクチャ・イン・ピクチャ機能を利用すれば、動画を小さな画面で再生しながら、メールを返したり、ニュースを読んだりと他の操作を同時に行う事ができます。

この記事では、ピクチャ・イン・ピクチャのやり方について詳しく解説していきます。

ピクチャ・イン・ピクチャとは

ピクチャ・イン・ピクチャは、メインの画面とは別に小さく別の画面を表示させる機能です。YouTubeなどの動画やFaceTimeで利用できます。

動画などの画面を小窓化し表示させる事により、動画を再生させながら別の操作を同時に実行できます。動画を見ながら、メールの返信をしたり、他のアプリを操作したりすると言った使い方ができます。

iPhoneではiOS14より標準機能として初めて対応しました。ちなみにiPadではiOS9から利用できます。

ピクチャ・イン・ピクチャの自動設定

ピクチャ・イン・ピクチャを起動する際に、ホーム画面に戻したり、アプリを切り替えたりすると、自動的にピクチャ・イン・ピクチャとして小窓化する設定があります。

<設定手順>

  1. 設定アプリを開きます。
  2. 【一般】⇒「ピクチャ・イン・ピクチャを自動的に…」のスイッチをタップします。
ピクチャ・イン・ピクチャの自動設定

ピクチャ・イン・ピクチャを素早く起動させたい場合は、こちらを有効にしておくと便利です。必要に応じて設定を切り替えてください。

ピクチャ・イン・ピクチャのやり方

FaceTimeでの通話中や動画再生中にホーム画面に戻るか、ピクチャ・イン・ピクチャのアイコンをタップするだけです。

動画の場合

ピクチャ・イン・ピクチャ対応アプリを除き、基本的にはブラウザから動画を再生し、ピクチャ・イン・ピクチャの機能を使います。iPadでも同じくブラウザから利用できます。

ブラウザから利用するには「WEB版モバイル表示」と「WEB版パソコン表示」の2通りのやり方があります。WEB版モバイル表示で利用できない場合は、WEB版パソコン表示に切り替えてお試しください。

ここでは、YouTubeを例にピクチャ・イン・ピクチャで動画再生します。

2020年10月11日時点、SafariやYouTubeアプリからの場合は、YouTubeの無料プランでピクチャ・イン・ピクチャするの再生ができなくなっています。FirefoxやChromeアプリからWEB版YouTubeにアクセスすれば利用可能です。

iOS14:YouTube(無料会員)でPIP再生する手順。プレミアム不要でピクチャ・イン・ピクチャ

パターン1:WEB版モバイル表示

  1. Safariなどのブラウザを開きます。
  2. Google検索などをしてYouTubeなどの動画を開きます。(WEB版で開く必要があります。アプリ版を開かないようにしてください。※1)
  3. 動画を全画面表示にして再生します。
  4. 【ピクチャ・イン・ピクチャのアイコン(※2)】をタップします。
ピクチャ・イン・ピクチャのやり方

※1:Google検索からYouTubeを選択した際に”YouTubeで開きますか?”と表示したら【キャンセル】をタップすれば、WEB版で開きます。それでも開かない場合はYouTubeのリンクを長押しし「新しいタブ」で開いてみてください。

※2:全画面表示で再生している状態で、「ホームに戻る」「別のアプリに切り替える」「二本指でダブルタップ」のいずれかの操作でもピクチャ・イン・ピクチャによる再生が可能です。ただし、「ホームに戻る」「別のアプリに切り替える」の二つの操作につきましては、「ピクチャ・イン・ピクチャの自動設定(前項参照)」が有効になっている必要があります。

パターン2:WEB版パソコン表示

  1. Safariなどのブラウザを開きます。
  2. 見たい動画を開きます(アプリ版ではなくWEB版で開いてください ※1)
  3. 左上の【AA】⇒【デスクトップ用Webサイトを表示】をタップします。
  4. 【再生ボタン】⇒【ピクチャ・イン・ピクチャのアイコン】をタップします。
  5. 小窓化された画面をピンチイン・ピンチアウトでサイズ調節できます。
デスクトップ用Webサイトを表示 YouTubeをピクチャ・イン・ピクチャ

FaceTimeの場合

これまではFaceTime中に別画面に切り替えると、画面が消えるため音声のみになりましたが、ピクチャ・イン・ピクチャが対応した事により、他の事をしながらビデオ通話ができるようになりました。

  1. FaceTimeでビデオ通話をします。
  2. 通話中にホーム画面に戻るか、ピクチャ・イン・ピクチャのアイコンのアイコンをタップします。(※2)

以上でFaceTimeの画面が小窓化します。

ピクチャ・イン・ピクチャができない場合

ピクチャ・イン・ピクチャが使えない場合は、下記の原因が考えられます。

  • iPhoneのOSがiOS14以上になっていない
  • 非対応アプリやブラウザを利用している
  • 一時的な不具合

まず根本的な原因として、iPhoneのOSがiOS13以前のバージョンになっているため、ピクチャ・イン・ピクチャに対応していない場合は、アップデートが必要になります。

次にピクチャ・イン・ピクチャに対応しているのは、FaceTimeやブラウザからYouTubeなどです。YouTubeアプリ(iOS版アプリバージョン15.37.4)も対応していません。

全ての環境や操作に問題がないはずなのにピクチャ・イン・ピクチャが使えない場合は、iPhoneで一時的に不具合が起きている可能性があります。iPhoneの電源を入れなおして再起動を行ってください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。