iPhone11シリーズでiPhone XSシリーズのフィルムやカバーは使えるの?

新しいiPhoneを購入したら、保護フィルムやカバーを付けるのが一般的になっていますが、一部は違う機種であっても同じ保護フィルムやカバーを付けられる機種もあります。

そこで、今年発売のiPhone11シリーズ(2019年モデル)とiPhone XSシリーズ(2018年モデル)では、保護フィルムやカバー(ケース)を同じものを使用できるのか調べてみました。

iPhone11シリーズとXSシリーズのサイズ

2019年モデル ディスプレイ 本体サイズ
iPhone 11 Pro 5.8インチ 144×71.4×8.1mm
iPhone 11 Pro Max 6.5インチ 158×77.8×8.1mm
iPhone11 6.1インチ 150.9×75.7×8.3mm
2018年モデル ディスプレイ 本体サイズ
iPhone XS 5.8インチ 143.6×70.9×7.7mm
iPhone XS Max 6.5インチ 157.5×77.4×7.7mm
iPhone XR 6.1インチ 150.9×75.7×8.3mm

それぞれの関係は、

  • iPhone 11 ProがiPhone XSの後継機
  • iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxの後継機
  • iPhone11はiPhone XRの後継機

になります。

保護フィルムは同じものを使える

Amazonで販売している液晶保護フィルムや強化ガラスフィルムを見ると、iPhone11 Proに対応するフィルムは、iPhone XSにも対応するとして販売されています。

実際にiPhone11 Pro用として購入したフィルムをiPhone XSのディスプレイに合わせて見ましたが、ぴったりのサイズでした。もうひとつ前のモデルのiPhone Xも同じです。

フィルムについては、iPhone XSシリーズの保護フィルムであっても、iPhone11シリーズで利用できます。

ですので、iPhone XSからiPhone11 Proに機種変更する場合などで、iPhone XSのフィルムを2枚入りのものを購入していたり、余っているのであれば、新しいフィルムを購入しなくても、そのフィルムを使えばいいという事になります。

古いものでよければ、iPhone XSに貼っているものを剥がして、iPhone 11 Proに貼ることも可能。

カバーやケースは専用のものを

本体サイズは、コンマ数ミリの違いですし、iPhone11とiPhone XRについては同じサイズなので入らなくもないでしょうが、そもそもカメラがトリプルレンズやデュアルレンズになっているため、カメラレンズがカバーやケースに合いません。

そのため、各機種専用のカバーやケースを購入する必要があります。

私が選んだiPhone 11 Proで使用するフィルムとカバー

私がiPhone11 Pro用に購入したのは、下記の2点。

Amazon:【ICHECKEY】iPhone 11 Pro用ガラスフィルム

Amazon:【Spigen】iPhone11 Pro ケース

Amazonでガラスフィルム2枚入りで1280円とケースは1474円でした。フィルムとケースは安くて質の良さそうなものを選びました。

<保護ガラスフィルム>
ICHECKEYのブルーライトカット対応のガラスフィルムにしました。2枚で1280円。Amazons Choiceにも選ばれているお得な商品。この値段で96%のブルーライトカット、ガラスフィルムなので、もしもの落下時もプラスチックのフィルムよりも画面割れを防げる可能性が高いです。

<カバー>
Spigenのカバーにしました。こちらはAmazonでベストセラーにも選ばれていて人気のある商品です。バンパー部はTPU素材で柔軟性のある柔らかめのものになっているので、落下等の衝撃でも割れにくいものになっています。SpigenのカバーはiPhone XSでも使用しましたが、安価で良質なケースだと思います。ただ、TPUのクリアケースですので、数か月使用すると黄ばみが気になり始めると思います。1年前に購入したiPhone XSのカバーは黄ばんでゴールドっぽくなっています。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。