iPhoneの修理!パソコンを持っていないがデータのバックアップは、どうすれば?

iPhoneが故障し、修理に出す羽目になってしまった。そこでアップルへ修理を依頼したが、データがすべて消えてしまう。大切なデータをバックアップしなければならない。だが、パソコンがないのでどうやってバックアップをとればいいかわからない・・・
メジャーな方法でiCloudでバックアップを取る方法がおすすめです。iCloudサーバーにデータをバックアップとろう!
iCloudのバックアップ方法と意外と多い勘違いについてご紹介していきます。


バックアップの手順
(Wi-Fiに接続する必要があります)
①設定
②iCloud
③バックアップ
④iCloudバックアップ ON
⑤今すぐバックアップを作成
詳しくは公式サイトでご確認を⇒iCloud または iTunes を使ってデバイスをバックアップする方法
よくある勘違いですが、iCloudは、無料で使えるよう容量が決まっています。5GB無料で使えます。多い間違いですが、この5GBというのは、現在使用している容量『設定⇒一般⇒使用状況⇒使用済み』の項目で確認できるストレージ容量では、ございません!←こちらの容量とは、別で、iCloudにバックアップする時の容量の確認は、『設定⇒iCloud⇒容量⇒ストレージを管理⇒このiPhone⇒次回作成時のサイズ』で確認できる容量がiCloudにバックアップする際の容量です。
Apple公式サイト⇒iCloud サポート
iCloudでバックアップを取れるデータですが、電話帳、写真、設定などほとんどのものがバックアップがとれますが、アプリデータなどは、アプリ毎で別途設定が必要ですので、大切なデータは、バックアップの取りたいデータを書き上げてできたかしっかりチェックしておく事をおすすめします!

 

 

シェアする