iPhone、iPad、iPod touchなどのiOSデバイス間で連絡先や写真などのデータ送受信することができる「AirDrop」だが、送信する際に表示する「端末名(名前)」に本名が出ることがあります。

このAirDropの検出で表示する名前の変更のやり方と自分の名前が表示する原因と対処方法をご紹介します。

※動作確認:iOS11

AirDropで表示する名前を変更する

AirDrop利用時に表示する名前は、iPhoneの設定から変更することができます。

■設定手順
【設定】⇒【一般】⇒【情報】⇒【名前】

ここで設定した名前がAirDropで表示する名前になります。同様にテザリング(インターネット共有)を利用する場合に検出される名前も上記設定が反映します。

本名を設定したままで、AirDropをオン(すべての人)にしていると、近くにいる全く知らない人がAirDropを利用した時に自分の端末が検出されて本名がバレてしまうという可能性もあります。本名を入れているという方は特定されないような名前にしておいた方がいいと思います。

設定を変えても自分の名前が表示する場合

設定を変更したにも関わらず自分の名前または別の名前が表示し続けている場合は、変更直後でうまく反映できていない可能性があります。一旦接続し直して設定が反映しているか確認してみましょう。情報が反映していないようでしたら再起動をお試しください。

上記の方法で名前を変えても関係なく、自分の名前が表示する条件があります。それは、AirDropで送受信する2台の端末でサインしているApple IDが同じものを使用している場合です。

例えば、iPhone7からiPhone8に機種変更した場合、同じ自分のAPPLE IDで2台ともサインインすることになると思います。そうすると、Apple IDは同じものを使っている状態なのでAirDropの送信時に検出される名前はApple IDの登録名が表示することになります。片方をサインアウトするとApple IDの名前ではなく端末内で設定した名前が反映します。

 
iOSの関連記事
  • App Storeの雲のマークの消し方とダウンロード履歴の見方【iOS11】
  • Googleアカウントに登録した電話帳「Google連絡先」の消し方。Androidスマホ・iPhoneで一括削除
  • 噂に聞くiPhone6C!!2016年2月発表か!?サイズは4インチの小さめ
  • iPhoneの画面がついたままで自動でスリープにならない時の対処方法
  • iPhoneが圏外、検索中から復旧しない時の対処方法
  • 【iPhone&Android】スマホとBluetooth機器の接続と切断のやり方。繋がらない時の対処方法
  • iPhoneを持つと電源が勝手に入る(画面がつく)設定の解除方法
  • iPhoneの画面が明るくならない暗すぎる原因は「ホワイトポイントを下げる」設定かも【iOS11アプデ】