auのモバイルWi-Fiルーターの料金プランを全解説

auのモバイルWi-Fiルーターのプランは、大きく分けて、3種類にもなっており、自宅のインターネット環境により、契約できるプランが異なる。少々わかりづらい料金体系となっている。

標準契約、ルーター割引、固定代替契約の3種類に分かれている

  • 標準契約は、誰でも契約ができる。
  • ルーター割引は、auスマートバリュー対象の自宅インターネットの契約がある方が契約できる。
  • 固定代替契約は、auスマートバリュー対象のインターネットが契約できない方が契約できる。

WiMAX 2+ フラット for DATA EX 標準契約

WiMAX 2+ フラット for DATA EX 4880円
WiMAX 2+ おトク割 ▲500円
合計 4380円

ハイスピードプラスエリアモードご利用月は、プラス1005円。

auのWi-Fiルーターには、ハイスピードモード(WiMAX2+)、ハイスピードエリアプラスモードがあり、ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、4G LTE通信が可能となる。

WiMAX 2+ フラット for DATA 標準契約

WiMAX 2+ フラット for DATA EXとの違いは、WiMAX 2+ フラット for DATA EXは、WiMAX2+のデータ通信容量は無制限に対し、WiMAX 2+ フラット for DATAは、7GBが制限になる。ハイスピードプラスエリアモードでの使用は、どちらも7GB制限となります。

WiMAX 2+ フラット for DATA 4196円
WiMAX 2+ おトク割 ▲500円
合計 3696円

ハイスピードプラスエリアモードご利用月は、プラス1005円。

ルーター割引

自宅のインターネットがauスマートバリュー対象の契約の場合、契約することができるプラン。当プランの場合、通常3000円発生する契約する事務手数料が無料になる。ハイスピードプラスエリアオプション料も無料

WiMAX 2+ フラット for DATA EX WiMAX 2+ フラット for DATA
10MBまで 372円 372円
10MB以上 4880円 4196円

利用すれば、すぐに10MBは、超えてしまいます。利用する場合は、上限金額になると覚悟して、利用する必要がある。

固定代替契約

auスマートバリューの対象となるインターネットサービスが契約できない方が契約できる特別なプラン。契約できないというのは、例えば、auひかりなどのサービスが自宅で契約できるエリアに入っていないなど。

基本料金 4292円

ハイスピードプラスエリアオプション料、契約事務手数料は無料になる

固定代替の良いところは、auで契約している自分のスマホ、家族のスマホに対して、auスマートバリューを適用させることができます

つまり、家族で複数台スマホを契約している場合は、契約した方がオトクになる。例えば、家族でスマホを4台契約しているとする。

固定代替の契約をすることで、auスマートバリュー×4台分の割引を適用できる。▲1410円×4台=▲5640円の割引を適用できる。固定代替契約の基本料金4292円より、割引が多くなる分、契約する方が負担額が安くなるのだ。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。