ドコモ、4月から月々サポートの割引を『データSパック』と『シェアパック5』を対象に減額

ドコモは、4月1日より機種購入時に適用される『月々サポート』の割引を減額しています。減額の対象は、データSパックとシェアパック5のライトユーザー向けプラン。月々サポートとは、機種の購入の翌月から24ヶ月間、毎月の利用料金から購入機種ごとに決められた額を割引くサービスです。

『月々サポート』の減額対象プラン

ライトユーザー向けのプラン『データSパック』と『シェアパック5』を対象に月々サポートの割引額を減額。

【データSパック】
月額3500円、データ通信容量2GBのプラン。

【シェアパック5】
月額6500円、データ通信容量5GBをグループ内で数名で共有して利用できるプラン。2016年3月より追加されたライトユーザー向けのプラン。

月々サポートの432円の減額

『データSパック』もしくは『シェアパック5』を選択すると、データMパック、シェアパック10以上のプランと比べ、432円×24ヶ月(総額10368円)割引が少なくなります

月々サポート、データSパック、シェアパック5

ドコモオンラインショップで機種の購入画面を出すと、データMパック・シェアパック10以上で契約すると▲10368円と表示されています。これまでであれば、『データSパック』、『シェアパック5』を含め、データMパック・シェアパック10以上の同額の割引を受けることができていました。

料金イメージ(サンプル:iPhone SE/16GB)

 iPhone SE / 16GB データSパック データMパック
カケホーダイプラン 2916円 2916円
SPモード 324円 324円
データ(S/M)パック 3780円 5400円
月々サポート ▲1917円 ▲2349円
本体分割代金 2376円 2376円
合計 7479円 8667円

最後に

月額料金を最安で維持する場合は、月々サポートが減額しますが『データSパック』、『シェアパック5』を選択する方が、トータルでは、安くなります(他の割引は考えないものとする)。金額を抑えるなら、無理にデータMパックやシェアパック10以上にする必要はないです。3月までに契約している方は、『データSパック』、『シェアパック5』を選択していても割引額は減額しません。4月以降の機種購入が対象となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。