ドコモ「シニア特割」の適用条件と「はじめてのスマホ割」の違い。最安プランで月額980円

ドコモは、はじめてスマホを持つ方を対象した「はじめてスマホ割」に、60歳以上の方を対象とした「シニア特割」を1月30日より追加し提供が開始します。

はじめてのスマホ割の適用条件と割引額について

はじめてスマホ割は、ドコモケータイ、らくらくホン、キッズケータイなどのFOMA対象機種からはじめてスマートフォンを契約する方を対象に最大1520円×2年間割引を行うもの。

はじめてのスマホ割の割引金額
カケホーダイプラン(2700円/月)を契約すると1520円×2年間割引
カケホーダイライトプラン(1700円/月)を契約すると850円×2年間割引

シニア特割の適用条件と割引金額、契約時の月額料金サンプル

シニア特割は、はじめてのスマホ割の条件に加え、60歳以上であることにより条件が満たされます。

シニア特割の割引金額
カケホーダイプラン(2700円/月)を契約すると1520円×2年間割引
カケホーダイライトプラン(1700円/月)を契約すると1520円×2年間割引

カケホーダイプラン、ライトプランどちらでも1520円×2年間の割引されます。はじめてのスマホ割との違いは、カケホーダイライトプランを契約した時に1520円×2年間割引が適用されます。はじめてのスマホ割では、カケホーダイライトプランを契約すると、毎月850円の割引だが、シニア特割は、プラス670円/月割引が適用されます。

月額料金サンプル
シェアパック子回線で契約した場合
カケホーダイライトプラン 1700円
spモード 300円
シェアオプション 500円
シニア特割 ▲1520円
合計 980円/月

はじめてスマホを持つ60歳以上の家族をシェアパック子回線で契約すると、基本料金が月額980円と格安で契約することができる。

公式サイト docomo シニア特割

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。