ワイモバイル、シェアサービスを2017年春以降提供。スマホとタブレットのデータ容量を共有可能に

Y!mobileのスマートフォン向け料金プラン「スマホプランS/M/L」とタブレット向け料金プラン「データプランS」において、スマホとタブレットで利用できるデータ通信容量を共有して利用できる『シェアサービス』を2017年春以降に提供することを発表しました。

現在は、スマホとタブレットを契約した時のデータ容量は、それぞれ別々で利用するようになっています。シェアサービスを適用することで、例えば、スマホでデータ容量3GB、タブレットでデータ容量1GBの契約をした場合、スマホとタブレットのデータ容量を足した合計4GBを2台で共有して利用することが可能になります。これにより、データ容量を無駄なく利用することが可能になります。

データシェアイメージ

シェアサービスの提供開始に先駆け、データプランSを契約すると、データ容量を1GB増量する「データプランS増量キャンペーン」を11月3日より開始します。

データ容量追加料金を割引するもので、500MBあたり500円×2回割引を行います。

キャンペーンによる増量期間は、2017年の3月までになります。

また、ワイモバイルでは11月30にちまで、スマホプランに加入すると「くじ付きふてニャン福袋」が貰えるキャンペーンを実施しています。

Y!mobile、スマートフォンとタブレットの データ通信容量を分け合えるシェアサービスを提供

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。