ソフトバンク「シンプルスマホ4」を契約した時の月額料金の目安。スペックや特徴も解説

ソフトバンクのお年寄り向けのシンプルスマホシリーズに約2年ぶりとなる「シンプルスマホ4」が2018年夏モデルとして登場しました。6月29日より予約受付を開始、7月下旬の発売を予定しています。

このページでは、シンプルスマホ4を契約した時の月額料金(本体代金含む)、機種の特長やスペックを紹介していきます。

シンプルスマホ4の本体価格

ソフトバンク公式サイトで公開されている価格は次の通りです。2018年7月3日確認。MNP、新規契約、機種変更いずれも同額です。

本体価格 一括:59520円
分割:2480円×24回
月月割 ▲1800円×24回
実質負担額 680円×24回

2018年夏モデルでスペックの近い機種で「DIGNO J」がありますが、DIGNO Jと比べると本体価格は高めの金額設定。ですが、月月割による割引も大きいので実質負担額は両機種同額の680円×24回になります。

シンプルスマホ4は、スマホを初めて使うシニア向けに作られている機種なので、非常に使いやすい仕様になっています。ここまで簡単でなくても良いという方は「DIGNO J」がおすすめです。DIGNO Jも簡単スマホですがシンプルスマホ4よりは、標準レベルのスマホに近いです。

ソフトバンクおてがるプラン対象「DIGNO J」の本体価格、月額料金を解説

シンプルスマホ4のスペックと特徴

まずは、紹介ムービーをご覧ください。シンプルスマホ4の特長がとてもよくわかる動画になっています。

シンプルスマホ3の2年ぶりの後継機ということで基本スペックは現代に合わせ大きく進化しています。

メーカー シャープ
OS Android8.0
CPU Snapdragon 430 1.4GHz+1.1GHz(オクタコア)
RAM 3GB
ROM 32GB
バッテリー容量 2800mAh(内蔵)
ディスプレイサイズ 約5.0インチHD(1280×720)
本体サイズ 縦143
幅71
厚さ9.4
重量 148g
カメラ アウト:1310万画素
イン:500万画素
主な機能 耐衝撃、防水、防塵、赤外線通信、ワンセグ

スマホの操作が不安だというお年寄りも多く、慣れたガラケーからなかなか機種変更できないという方も安心の使いやすさ、見やすさを追求した初心者向けの簡単スマホです。

前モデル同様、大きなアイコンや見やすい文字の使いやすいシンプルホームを継承。文字や色調が見やすい「はっきりビュー」に対応しさらに見やすくなっています。スマホ使用による疲れも軽減。

キーボード入力が苦手な方に重宝される音声検索キーが本体のサイドに設置されているので、いつでも簡単に音声検索でナビなど使いたい機能を呼び出したり、調べたい情報を検索したりすることができます。

シンプルスマホの特長でもある液晶画面したの物理ボタン「電話ボタン」「ホームボタン」「メールボタン」と日常よく使うボタンが配置されています。機械に弱い方でしたら、タッチ操作がうまくできないという方も割と多いです。ディスプレイをタップして操作する機種が主流の中、ガラケーに慣れたユーザーには物理ボタンがあるのはうれしいものです。

スマホでは、電話がかかってくると画面をスワイプしたり、受話ボタンをタップして電話に出れますが、シンプルスマホ4は電話ボタンを押すだけで電話に出られます。未読のメールがあればメールボタンが光るので難しい操作をしなくてもメールボタンを押して簡単に未読のメールを確認することが可能。

前モデルでも対応していた防水・防塵・耐衝撃も対応。防塵については、1ランク上の等級になってさらに強化されています。

月額料金サンプル

通話定額ライト基本料 1836円
WEB使用料 324円
おてがるプラン 518円(1GBまで)
本体分割 2480円
合計 5158円

本体価格が高い分、他のおてがるプラン対象の2018年夏モデルよりも高くなります。DIGNO JやHUAWEI nova lite 2なら同じプランで契約した場合は、3958円/月と1000円以上安く持てます。

シンプルスマホにしようか迷っている方でしたら、使い勝手が一番気になるところだと思います。ソフトバンクショップに行けばデモ機も置いてあるので、まずは店頭で実際に操作してみて使っていけそうか試してみてください。難しそうであれば、今でも折り畳みの携帯という選択肢もあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。