au PAYから詐欺メール?「ご利用環境確認用ワンタイムURLのお知らせ」とは?本物か偽物か見分け方

2022年4月現在、au PAYを名乗る迷惑メールが届いたとの報告が増えています。

私のもとにも、2022年4月22日に「『au PAY』ご利用環境確認用ワンタイムURLのお知らせ」というタイトルのなりすましメール(フィッシング詐欺メール)が届きました。

au PAYを利用しているユーザーでしたら、本物と間違えてしまいそうな内容になっています。

この記事では、「『au PAY』ご利用環境確認用ワンタイムURLのお知らせ」の詳細と偽メールが本物か偽物かの見分け方を紹介します。

詐欺メール「ワンタイムURLのお知らせのメール」の詳細内容

今回、届いたメールは、「『au PAY』ご利用環境確認用ワンタイムURLのお知らせ」というタイトルのメールです。

メールの内容は、下図の通りです。

au PAYのなりすましメール

2022年4月時点、同様の偽メールを受信した人が増えているようです。メールの内容が一部異なる場合があるようですが、メールのタイトルなどほぼ同様の内容になっています。

auかんたん決済を利用いただきありがとうございます。から始まり、利用内容(決済情報番号、利用日、加盟店名、サービス名、注文番号、利用金額)が記載されていました。

Appleの問い合わせ先として、記載されていた電話番号はAppleサポートの本物の番号でした。

「■auかんたん決済のご利用明細はこちら」などのリンクがいくつかありますが、間違えて開かないよう注意してください。リンク先のURLを確認しましたが、「au-au-auone.~~~~」という本物のauのサイトと間違えてしまいそうなURLになっていました。

私のもとに届いた詐欺メールは、個人情報の入力は求められませんでしたが、このような、なりすましメールは、偽サイトに誘導し、パスワードやクレジットカード情報などを入力させて、個人情報を盗むフィッシング詐欺が多いです。

公式のものか判断が付かない場合は、URLを開くなどの行動はとらないようにしてください。

メールが本物か偽物か見分ける方法

私の場合は、au PAYを利用していないので、すぐに詐欺メールだと言うことはわかったのですが、au PAYを利用しているユーザーやauのスマホや携帯を使用している方であれば、本物だと信じてしまうかもしれません。

ここでは、偽物のメールか見分けるためのポイントを紹介します。

送信元のメールアドレスを確認する

送信者名は、au PAYになっていますが、詳細内容を開いて、メールアドレスを確認してみましょう。あきらかに、おかしいメールアドレスであれば、偽メールであるとわかります。

au公式からのメールアドレスの場合は、auの文字が含まれているケースが多いです。ドメインを良く見ると、本物か偽物か判断できます。

注意しておきたいのが、au公式を装ったメールアドレスを使用している場合です。本物に似せて、アドレスを作っているなりすましメールのこともあります。

一つの判断材料として、送信元のメールアドレスをチェックしておきましょう。

au PAYに登録しているメールアドレスか確認する

メールが届いた自分のメールアドレスを確認してみましょう。

au PAYに登録しているメールアドレスであるかどうかで本物かどうかすぐに判断できます。

私の場合は、auのメールでもない、Yahooメールに届きました。au IDやau PAYなど、auのサービスに登録していないメールアドレスであることに気づけば、偽物だと見分けることができます。

au PAY・auかんたん決済の購入履歴を確認する

メールに届いた決済内容の購入履歴を公式ページから確認してみましょう。

au PAYアプリやWebサイトから、購入履歴を確認してみてください。公式ページに同じ内容が記載されていない場合は、偽物のメールである可能性が高いです。

届いたメールからではなく、au PAYアプリなどの公式サービスから確認してください。もしメール内に、購入履歴を確認するURLがあったとしても、そのURLで開いたページも偽物の可能性があります。

本物か偽物かわからない場合

自分で判断ができない場合は、auお客様センターなどに相談してみましょう。

特にauユーザーの場合は、間違えてしまいそうですが、慎重に判断するようにしてください。

本物か偽物かもわからないうちから、メールを返信したり、URLを開いたりしないよう注意してください。

今後の対策

一度、詐欺メールが届いたメールアドレスには、今後もメールが届く確率が高いです。怖いのが、迷惑メールと気づかずに、個人情報などを入力してしまうことです。

今できる対策として、迷惑メールフィルターの設定をしておきましょう。メールさえ届かなければ、騙される心配はありません。アドレス変更が可能なメールサービスを利用している場合は、メールアドレスを変更しておくのもおすすめです。

ですが、詐欺業者は複数のメールアドレスを所持しており、さまざまな手段でメールを送信してくるため、迷惑メールフィルターの設定をしていても、防ぎきれない可能性があります。

また、詐欺業者がメールアドレスを入手したルートは不明ですが、思い当たるものがあれば、メールアドレスを伝えないようにしておきましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。