ソフトバンクの「おてがるプラン」を解説。料金内訳、適用条件、注意点など

ソフトバンクは、2018年5月25日にデータ通信量に応じて、料金が3段階に自動的に適用される新データ定額プラン「おてがるプラン」を発表しました。

このページでは、「おてがるプラン」の詳細について解説していきます。

おてがるプランを解説

おてがるプランは、3段階制のデータ定額プラン。

月間のデータ通信量が1GBまでなら480円、2GBまでなら1480円、3GBまでなら2480円の料金が自動的に適用され1000円単位で増額します(詳細は後述しています)。

上限の3GBを超えた場合は、速度制限がかかり低速化(最大128Kbps)しますが、他プランと同じように速度制限を解除にも対応し、3GB超過後も1GB毎にプラス1000円で使用可能。

組み合わせできる基本プラン

おてがるプランは、データ定額プランなので、おてがるプランだけで契約することはできません。通話に関する基本プランとの組み合わせが必須になります。

組み合わせ出来るのは、国内通話24時間無料で利用できる「スマ放題」または、5分以内の国内通話を無料で利用できる「スマ放題ライト」のいずれかと合わせて申し込みできます。

月額料金の内訳

ソフトバンク光などの契約をしている方を対象にスマホの料金を割引することができる「おうち割光セット」にも対応しているので、一緒に申し込みすれば月額1980円からと割安で利用することができます。

はじめてスマホを契約しておてがるプランを申し込む方は、下記表の基本料金になります。

ただし、すでにスマホをお持ちの方が機種変更時におてがるプランを申し込みした場合は、1年間は下記表の料金ですが、2年目以降はプラス1000円となります。

スマ放題ライトとの組み合わせ

スマ放題ライト 1GBまで 2GBまで 3GBまで
通話定額ライト基本料 1700円
WEB使用料 300円
おてがるプラン 480円 1480円 2480円
おうち割光セット ▲500円
合計 1980円 2980円 3980円

24時間通話無料のスマ放題ならスマ放題ライトの料金にプラス1000円

スマ放題 1GBまで 2GBまで 3GBまで
通話定額基本料 2700円
WEB使用料 300円
おてがるプラン 480円 1480円 2480円
おうち割光セット ▲500円
合計 2980円 3980円 4980円

対象機種は?

2018年7月2日確認時点で申し込みできる機種は、

・iPhone SE
・Android One S3
・DIGNO J
・HUAWEI nova lite 2
・シンプルスマホ4
・HTC U11

の6機種のみが対象となっています。

購入時は、半額サポートでの購入は可能ですが、月月割や一括購入割引は適用することができません。

そのため、月月割が適用できるデータ定額5GBなどの定額プランと比べ本体代金に対する実質的な機種代金の負担は高くなってしまうケースが多いです。とはいえ、基本料金が安いのでトータルでみると安くなる場合が多いです。

ただし、月月割の額や利用者毎のデータ通信量の兼ね合いもあるので、一概には言えません。契約時は確実に計算してください。

例えば、iPhone SE(32GB)なら分割にすると48回で月1350円、24回なら2700円になります。この金額を上記で紹介した表の料金に足した金額が機種変更後の料金になります。その他オプションを契約するなら別途費用が発生します。

申し込み適用条件

申し込みは、対象機種の購入(MNP、新規、機種変更)と同時に「スマ放題」か「スマ放題ライト」と組み合わせて「おてがるプラン」に申し込むことが条件となります。

どういう人におすすめ?

ここまで紹介した通り、1GB、2GB、3GBの3段階制になっているので、ライトユーザー向けのプランというのは明らかです。

対象機種を契約しているかで申し込み可否はありますが、

現段階で、データ定額ミニ1GB(2900円)やデータ定額ミニ2GB(3500円)を契約されている場合は、基本料金を比較してもわかる通り、圧倒的に料金は安くなります。

ただし、現在、月月割(2GBの場合)を適用していたり、スマホデビュー割(1GBの場合)を適用しているなど、特別な割引を適用している状態で「おてがるプラン」へ安易に変更してしまうのは危険です。

基本料金が安くなっても、割引額の方が大きい場合は、プランを変えることで大きな損失になってしまうこともあります。割引内容を把握したうえで、プラン変更前と変更後の料金を比較して手続きするようにしてください。

内容がよくわからないという方の方が多いと思いますので、そういった方はショップ店頭やコールセンターに相談することをおすすめします。

スマホデビュー割やワンキュッパ割が終了

おてがるプランが登場したことで、「スマホデビュー割」と「ワンキュッパ割」が2018年6月28日に終了します。

これらのサービスは、データ定額ミニ1GBで適用することができるライトユーザー向けで、データ通信量が少ない方に適しており、格安で契約できるサービスです。

対象機種や条件などの指定はありますが、おてがるプランでは適用できない機種や機種によっては激安で契約できるものもあります。

狙っている機種があるのでしたら、必ず2018年6月28日までに契約することをおすすめします。在庫切れなど想定外のこともあるかもしれないので、手続きはお早めに!

公式サイト:おてがるプラン|ソフトバンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

スマホサポートラインの管理人をしています。携帯電話業界の経験から各社料金プラン、サービス、AndroidやiPhoneの使い方、トラブル処理などスマホに関するさまざまな知識を得ました。モバイルに関する仕事は10年ほどしていますので幅広い内容に対応できます。