ソフトバンク5G対応機種のエリアやプラン、基本料金の内訳(スマホ、タブレット、モバイルWiFiルーター)

2020年3月5日、ソフトバンクは「5G 新商品・新サービス発表会」を開催しました。コロナウイルスの影響でLive配信のみでの発表となりました。

高速で通信できる5Gは魅力的だけど、5Gの基本料金って高くなるのだろうか?全国で利用できるのだろうか?と気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、5Gのスマホを利用した場合に契約する料金プランや基本料金、5Gエリアについて解説していきます。

ソフトバンク5G対応機種の基本料金について

料金体系としては、4G機種の基本料金(※1)にプラス5G基本料の1000円(8月31日までの申し込みで2年無料)で利用できます。

※1:4G機種の基本料金は、「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」「スマホデビュープラン」「データシェアプラン」のいずれか。

まずは「5G基本料」についてご説明していきます。

5G基本料とは?

ソフトバンクの5G機種を対象とした専用サービス「5G基本料」を3月27日より提供開始することを発表しました。

5G基本料に加入することでソフトバンクの5Gネットワークを利用した通信を行うことができます。基本料金は、月額1000円。

2020年8月31日までの契約者を対象に2年間無料で利用できる「5G無料キャンペーン」を実施しています。本キャンペーンは、期間中の申し込みで自動適用されます。よって、無料期間中は4G機種と同じ基本料金で使用できるということになります。

5Gスマホの料金内訳

5Gスマホの場合の対象プランは、メリハリプラン、ミニフィットプラン、スマホデビュープランのいずれかになります。

メリハリプラン+5G基本料の場合

メリハリプラン:データ容量50GB+対象のSNSと動画配信サービスをギガノーカウントで使い放題で利用できるプラン。月間使用量が2GB以下の場合は1500円割引が適用されます。

基本プラン 980円
データプランメリハリ 2GB以上:6500円
2GB以下:5000円
5G基本料 1000円
5G無料キャンペーン ▲1000円×2年間
半年おトク割 ▲1000円×6ヶ月
おうち割光セット ▲1000円
みんな家族割+ ~1人:0円
2人:▲500円
3人:▲1500円
4人~:▲2000円
合計 2GB以上 ~1人:5480円
2人:4980円
3人:3980円
4人~:3480円
合計 2GB以下 ~1人:3980円
2人:3480円
3人:2480円
4人~:1980円

ミニフィットプラン+5G基本料の場合

ミニフィットプランは、3段階制の料金プラン。月間のデータ使用量に応じて金額が変動します。

月間データ使用量 1GBまで 2GBまで 5GBまで
基本プラン 980円
データプランミニフィット 3000円 5000円 6500円
5G基本料 1000円
5G無料キャンペーン ▲1000円×2年間
半年おトク割 ▲1000円×6ヶ月
おうち割光セット ▲1000円
合計 1980円 3980円 5480円

データ通信量が毎月少ない人などライトユーザーにおすすめのプランですが、メリハリプランと違って、みんな家族割+が適用できないため、家族の人数が多い場合は、データ通信量が少ないユーザーであってもメリハリプランの方がお得になる場合があります。

スマホデビュープラン+5G基本料の場合

スマホデビュープランは初めてスマホを持つ方のみ選択できる専用プランです。ガラケーからの機種変更またはMNP(他社から乗り換え)で契約するユーザーを対象に契約できます。

データ容量は1GBの定額制。月額980円と割安で使用することができます。

基本プラン 980円
データプラン1GB 1500円
5G基本料 1000円
準定額オプション+ 800円
5G無料キャンペーン ▲1000円×2年間
1年おトク割 ▲1000円×1年間
小容量割 ▲1300円
合計 980円

小容量割を適用するには、5分以内の通話が無料になる「準定額オプション+(800円)」または24時間国内通話無料になる「定額オプション+(1800円)」の加入が条件となっています。

5GのタブレットやモバイルWi-Fiルーターの料金内訳

2020年3月5日時点、5G対応のタブレットやモバイルWi-Fiルーターは発表されていませんが、プランは次のようになります。

データシェアプラン+5G基本料の場合

親回線のデータ容量を共有して利用できるタブレットやモバイルWiFiルーターの専用プランです。

基本プラン 980円
データシェアプラン 0円
5G基本料 1000円
5G無料キャンペーン ▲1000円×2年間
合計 980円

例えば、親回線のスマホがメリハリプラン、そこに子回線としてタブレット(データシェアプラン)を契約した場合、データ容量50GBを2台で共有して利用できます。

5Gのエリア

5Gのサービスエリアは、2020年3月31日時点の予定では、東京都、千葉県、愛知県、大阪府、広島県、石川県、福岡県の一部の地域のみがサービスエリアとなっています。

順次エリア拡大していくとのことで、下記公式サイトでサービスエリアや拡大予定地域を確認できます。

サービスエリアマップ|ソフトバンク

5Gスマホの発売日と本体価格(2020年春モデル)

ソフトバンクの2020年春モデルとして発表されている5Gスマホは、次の4機種です。

機種名 メーカー 発売日 本体価格
AQUOS R5G シャープ 3月27日(3月6日予約受付開始) 129600円
(2700円×48回)
ZTE Axon 10 Pro 5G ZTE 3月27日(3月6日予約受付開始) 89280円
(1860円×48回)
LG V60 ThinQ 5G LG 4月下旬以降
OPPO Reno3 5G OPPO 7月下旬以降

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。