楽天ペイを提供開始、アプリ一つで支払い、楽天スーパーポイントが貯まる

楽天は、スマホ決済アプリ『楽天ペイ』をApp StoreおよびGoogle Playストアで配信を10月27日開始しました。

楽天ペイは、スマホやタブレット端末からQRコードを読み取る「QRペイ」と自分でスマホに金額を入力して決済する「セルフペイ」の2種類から決済方法を選択し、実店舗で簡単にスマホ決済を行うことができます。

楽天会員IDでログインすることで利用でき、楽天会員IDの登録済みのクレジットカードと楽天スーパーポイントで支払いができます。また、楽天ペイで支払った金額の0.5%分(200円ごとに1ポイント)の楽天スーパーポイントが付与されます。楽天ペイで0.5%分のポイントとクレジットカード側で貯まるポイントの2重でポイントを獲得できます。例えば、楽天カードで支払い設定しているなら、100円につき1ポイントと楽天ペイの200円につき1ポイントが付与されます。

同時に、楽天ペイのサービス開始記念としてキャンペーンを開催。2016年10月27日から2017年1月6日9時59分までの期間中に、楽天ペイアプリを利用した方を対象に、利用金額の最大10%の楽天スーパーポイントをプレゼント。楽天カード(Mastercard、JCB、Visa)登録で10%、楽天カード以外のブランド(Mastercard・Visa)を登録で5%分のポイントが付与されます。

利用できる店舗がまだ少ないのが残念だが、楽天スーパーポイントが貯まるのが魅力、楽天ユーザーなら利用しておきたいサービスです。

公式サイト 楽天ペイ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。