d払いアプリにエラー(FES1003)が発生しログインできない場合の対処方法

「d払い」アプリで、エラーコードFES1003が表示しログインできない場合の対処方法について解説していきます。

環境:d払いアプリ iOS版Ver.2.0.0

d払いアプリにログインできない

d払い/ドコモ払いの利用を始めるために、d払いアプリのインストールを行い、チュートリアルを済ませ、利用規約に同意、そしてdアカウントでログインしようとしたところ、エラーが表示して、ログインできないという事態に陥りました。

いろいろ調べていると、発生タイミングは別なのですが、d払いアプリにログインしていたユーザーも勝手にログアウトされて、同様にログインできない事象が発生している模様でエラーコードも同じみたいです。エラーの詳細は次項をご覧ください。

エラーコード:FES1003

d払いアプリで、dアカウントに登録したメールアドレス、パスワードを入力。そして、ご利用設定の画面から【次へ】をタップすると、次のエラーメッセージが表示。

FES1003

ただいまご利用になれません。恐れ入りますが、しばらくしてからご利用ください。FES1003

【OK】をタップすると、次のメッセージが表示しました。

モバイルネットワークに接続

認証に失敗いたしました。再度ログインしてください。spモード契約者の方は、Wi-FiをOFFにしていただき、モバイルネットワーク(spモード)に接続してからログインしてください。

画面指示通りに、Wi-Fi接続をやめてモバイルネットワークにてログインを試みましたが、同じエラー画面が出て解決せず。

エラーの原因

今回のエラーが発生しているのは、dアカウントがドコモ回線と紐づいているアカウントでログインしようとしているために発生している事象ということがわかりました。

通常であれば、エラーメッセージの通り、Wi-Fi接続ではなく、ドコモで契約している回線のモバイルネットワークで接続してログインすれば、ドコモ回線から接続されていることを確認してログインできるようになっています。

私の場合は、ドコモのガラケーに紐づいているdアカウントでd払いアプリを利用しているのは、LINEモバイルのSIMを入れたiPhone XSでした。そのため、dアカウントに紐づいているドコモ回線ではない契約なので、モバイルネットワークで接続してもモバイルネットワークはLINEモバイルの回線でしたので認証されなかったというわけです。

同じ形状のSIMカードなら、SIMカードだけ差し替えればいい話ですが、ガラケーの回線に紐づいているのでiPhone XSとは別の回線なので使えません。

対処方法:ドコモに問い合わせてみた

ドコモの電話窓口(ドコモインフォメーションセンター)に問い合わせてみたところ、最初のログインは、ドコモと紐づいている回線(3Gや4G)でログインする必要があるとのことで、他社の回線の入ったiPhoneで利用するには、ドコモ回線と紐づいていないキャリアフリーのdアカウントを作るように提案されました。

dアカウントの作成は、公式サイトから1,2分もあれば作れるので、お困りの方は別アカウントを作って対処しましょう。Gmailやヤフーメールなどのフリーメールでも作成できます。ひとつ注意しておきたいのは、ただし、アカウントが別になるので、dポイントも別々になることをご理解ください。

また、ドコモ回線に紐づいていないdアカウントだと、ドコモ払いはできません。d払いになります。違いは次の通り。

ドコモ払いは、ドコモを契約(spモードまたはiモード)している方が利用できます。決済方法は携帯料金と「携帯料金とまとめて支払い」、「ドコモ口座」から充当。

d払いは、ドコモ以外のユーザーも利用可能。決済方法は、「携帯料金とまとめて支払い」「クレジットカード」「ドコモ口座」と「dポイント」からの充当。

d払い自体は、携帯料金とまとめることはできるのですが、今回はドコモ回線と紐づけていないdアカウントを使うことになるので、携帯料金とまとめることはできません。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験から各社料金プラン、サービス、AndroidやiPhoneの使い方、トラブル処理などスマホに関するさまざまな知識を得ました。モバイルに関する仕事は10年以上していますので幅広い内容に対応できます。