ポケモンGOアップデートでデータが消えた、初期化された時の対処・復元

ポケモンGOを7月31日に配信された最新バージョンにアップデート後、アプリを起動させるとデータが消えてしまった、初期化されてしまったと話題になっていましたが、アップデートによるログイン問題について、ポケモンGO公式ページで案内がアップされています。

アップデート後に、ポケモンGOをプレイしようとゲームを起動すると、ウィロー博士がゲームの説明をはじめます。こうなると、ゲームがはじめからスタートされてしまっている状態。ログインしているアカウントがこれまでプレイしていたアカウントと別のものでログインしている状態となり、まるでデータが初期化されてしまったかのように見えてしまいます。

これは、別アカウントを使用している為であり、元々使用していたアカウントには、ポケモンGOのデータは残っているので安心して下さい。これらの原因は、アップデートにより、新ログイン方式が導入されたために発生しています。つまり、GoogleアカウントでポケモンGOをプレイしているユーザーに対して起こります。

間違ったGoogleアカウントでログインしている場合、以下の手順で対処できます。

①ポケモンGOのアプリをアンインストールして、インストールし直す。もしくは、チュートリアルを進めて、【モンスターボール】⇒【(右上の)設定】⇒【サインアウト】をしてください。

②ポケモンGOアプリを起動させ、ログイン方法を選択。

③ログイン官僚のために、Googleの画面を開き、画面右上に表示れてるGoogleのメールアドレス(Gmailアドレス)がポケモンGOで以前プレイしていたアカウントか確認してください。

※違うアカウントが表示されている場合、そのメアドをタップしてサインアウトして、正しいアカウントでログインしてください。

④「許可する」ボタンを押して、ポケモンGOのアプリに戻れば、元のデータでゲームをプレイできているはずです。

参考元 Pokémon GO 0.31.0アップデートにともなう iOS 版のログイン問題について

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。