ポケモンGOプレイによるデータ通信の消費容量、バッテリー消費量は?

話題のスマホ向けゲームアプリ『ポケモンGO』。各国での配信がスタートされる中、日本での配信が待ち遠しい限りです。MVNOでは、ポケモンGOのデータ通信料を無料にするプランも提供されており、注目が集まっています。そこで、ポケモンGOをプレイした時のデータ通信量とバッテリー消費量についてご紹介します。

ポケモンGOのデータ通信量はどのくらい消費するの?

ポケモンGOを実際に利用するに当たって、どのくらいのデータ容量を消費するのかが問題になってきます。

The Pokemon Go consumed just about 10MB of data for our entire 54 minutes of game play and we are just pleased with the data consumption as there is a lot of hype regarding the amount of data used by the game.MobiPicker

アメリカのIT系ニュースサイトのMobiPickerが、海外ユーザーから得た情報によると、ポケモンGOを54分間プレイすると、約10MBのデータ通信量を消費するとのこと。

1024MB=1GBなので、1GBで90時間以上、利用できる計算になる。1日3時間ほどの利用であれば、月間のデータ使用量は、1GB程度で済む。

例えば、1日5時間使用するユーザーの場合、1ヶ月で150時間であるため、これだけ使っても、データ容量2GBあれば、間に合うということに。

ポケモンGOで実際に、プレイする内容でデータ容量の消費量が異なるため、正確な数値ではありませんが、データ通信量は、それほど多くは、消費しないようです。

バッテリー消費は?

同サイトによるところ、OxygenOS(Android5.1ベース)を搭載したスマートフォン『One Plus2』で54分間の使用で57パーセントから38パーセントになったようで、54分間のポケモンGOの使用で、19パーセントのバッテリー容量を消費したようです。

バッテリー容量3300mAhと大容量の機種で、このペースで充電が減っていくと、データ容量よりも充電残量が気になるところです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。