PayPayにKyashを登録する方法。還元率アップするための設定について

スマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」でより多くの還元を受けるためには、支払い方法の設定が重要です。クレジットカードを設定すれば、そのクレジットの還元率に応じたポイントなどが付与されます。

クレジットカードは銀行チャージよりもお得ですが、Kyashを利用することでさらに多くの還元を受けることができます。

このページでは、PayPayにKyashを設定して還元率を上げる方法について解説していきます。

PayPayの支払い方法をKyashにして還元率アップ!

PayPayの還元率は0.5%。付与上限は月5000円まで(お買い物100万円分)です。

※2019年3月末までは100億円あげちゃうキャンペーンで20%還元、0.25%~10%の確率で全額還元

いま常にPayPay残高を銀行チャージで行い、買い物しているのであればクレジットカードに変更することで還元率をアップできます。

まず、還元率をあげるためには支払い方法にクレジットカードを設定することで、そのクレジットカードの支払い額に対する還元率も含めます。

例えば、還元率1%の楽天カードをPayPayの支払い方法に設定したとすると、PayPay(0.5%)+楽天カード(1%)=合計1.5%の還元率になります。

クレジットカードによって、還元方法や還元率は違うので、自分が良いと思うクレジットカードを設定するようにしましょう。

以上の設定でPayPayで決済すると、1.5%しかありません。

さらに、還元率を上げるためにおすすめなのが、PayPayの支払い方法を楽天カードではなく「Kyash(キャッシュ)」にする方法です。

Kyash(Kyash Visaカード)もスマホ決済サービスのひとつで、PayPayと同じようにクレジットカードを設定して、Kyashを使って買い物をすることができます。本人確認書類などは必要なくPayPayと同じように簡単に登録できます。登録方法については次項で。

PayPayの支払い方法をKyashにする。そして、Kyashの支払い方法を楽天にすると、

PayPay(0.5%)+Kyash(2%)+楽天カード(1%)=3.5%

結局、支払いは楽天カードになるのですが、Kyashを間に入れるだけでプラス2%還元率をアップさせることができます。

還元方法は、それぞれ違います。上記の場合は、PayPay残高、Kyash残高、楽天ポイントとなります。

さらに、買い物したお店でたまるポイント(ビックカメラ、ヤマダ電機、ファミリーマートなどのお店のポイントカードやポイントアプリなど)を提示すると各店舗のポイントも獲得できます。

PayPayの支払いと一緒にポイントカード(ポイントアプリ)の提示もお忘れなく。

PayPayの支払い方法にKyashを登録する方法

Kyashを利用していない方は、Kyashアプリをスマホにインストールして簡単に登録できます。詳しくは下記リンク先の記事をご覧ください。Kyashの支払い方法の設定も載せていますので参考に設定してみてください。前項の通り、還元率を考えるとクレジットカードを設定するのがおすすめです。

Kyashの使い方(アプリの設定・登録・チャージ・購入方法)、買い物や還元の上限額について

Kyashの準備ができたら、PayPayの支払い方法をKyashに設定していきます。

PayPayアプリを起動させて、左上の【三】⇒【支払い方法の設定】⇒【クレジットカードを追加】⇒【クレジットカードの追加】の順に操作していきます。

PayPay支払い方法の設定

読み取り用カメラが起動するのでKyash(リアルカード)を読み取ってください。

リアルカードを発行していない場合は、読み取り用カメラの下に【カード番号を直接入力する】とあるのでタップして、バーチャルカードのカード情報を入力して登録してください。

PayPayにKyashを設定したときの注意点

Kyashには上限額が決まっています。

チャージに使えるのは1ヶ月間で12万円。バーチャルカードのみの場合は24時間以内、1回の支払い上限は3万円、リアルカード有効化済みの場合は24時間以内、1回の支払い上限は5万円。

Kyashで使える範囲は限られているので限度額を使ってしまった場合は、別のクレジットカードやプリペイドカードなどを設定して使う必要があります。

PayPayに複数カードを登録できるので、Kyashだけでは不安な方は複数枚カードを登録しておきましょう。

まとめ

同じPayPayを使った支払いであっても、支払い方法を何にするかによって還元率が数パーセント変わってきます。

これから先長く使うのであれば少しでもお得な設定をしておきましょう。1%、2%違うだけでも金額次第では、還元も高額になります。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。