MakeAppの基本操作と使い方。アプリで写真の顔をメイク落とし

「MakeApp」の使い方をご紹介します。MAKEAPPは、写真に撮った顔をAIが認識し、化粧を落としたり、化粧したりすることができる特殊効果が搭載されたアプリです。盛るのが一般的な写真加工アプリですが、メイクを落としてすっぴんにされてしまうと注目を集めています。自動処理なので、編集したい写真を選んで、ボタンをタップするだけの簡単な操作で使うことができます。

※本記事作成時のアプリバージョン iOS版:Ver.1.0.1、Android版:Ver.1.0.6
※画像はiPhoneの操作画面です

MAKEAPPの使い方-基本操作

①まずは、アプリストア(App Store、Google Playストア)から「MAKEAPP」を検索してアプリをダウンロードします。インストールが完了したらアプリを起動させてみよう。

②アプリを起動させると、写真へのアクセス権の許可が求められます。許可(OK)します。

■許可しないを選んでしまった場合は本体設定から再設定できます。
・iPhone
【設定】⇒【MakeApp】⇒写真のスイッチをオンオフ切り替える

・Android
【設定】⇒【アプリ】⇒【許可】⇒カメラと写真のスイッチをオンにする

③編集したい写真を選択すると、大きく写真が表示されます。写真の位置やサイズを合わしたいときは、写真をドラッグやピンチイン、ピンチアウトして調整できます。調整できたら、右上の【NEXT(→)】をタップして次へ進みます。

※【カメラマーク】から写真を撮影して編集することができます。

④【ADD MAKEUP】で化粧をする、【REMOVE MAKEUP】で化粧を落とすことができます。

加工後、写真をタップ(長押し)して、元の写真と比較することができます。

⑤【SAVE】で保存。シャアしたい場合は、シェアボタンを押して投稿できます。

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。