LINEに提供するトークルーム情報の内容とは?情報提供する・しない設定変更のやり方

LINEへ「トークルームの情報を提供する・しない」の設定を変更する方法とどのような情報を提供するのか、何に利用するのかについてみていきます。

トークルームの情報提供について

2018年1月15日プライバシーポリシーが更新され、「サービス向上のための情報利用」に同意すると自分のトークルームの情報をLINEに提供できるようになりました。これは、任意で提供するかしないか変更できるようになっています。

LINEアプリVer.8.0.0へアップデート後、LINEを起動させると「サービス向上のための情報利用に関するお願い」という画面が表示します。ここでは、「プライバシーポリシー変更」の同意(✓)は必要だが(同意しないとLINEアプリが使えない)、「サービス向上のための情報利用」は任意で決めることができます。このサービス向上のための情報利用のチェック項目がトークルーム情報の提供するか・しないかに当たるようです。後からの変更も可能。

提供した情報は何に使うのか?

では、提供した情報は何に使われるのか、気になる方も多いと思いますが、記載されている通り「LINEの不正利用防止、サービスの提供・開発・改善など」に利用されるようです。また、LINE関連サービスの会社や業務委託先に共有される場合があるとのこと。

トークルームの提供内容

・友だちとのコミュニケーションに関する情報
⇒スタンプや絵文字、エフェクトやトークの相手(誰とのトークか)、トークした日時、タイムラインの投稿内容や周辺情報。友だちとのトーク内容(写真・動画含む)や通話内容は含まれません

・公式アカウントとのコミュニケーション
相手が公式アカウントの場合については、トークの内容も含まれます

・LINE経由でURLにアクセスした際のアクセス元の情報
⇒トークルーム内のURL(リンク)からのアクセスした時など、そのアクセス元のトークルームの情報。

・LINE提供のブラウザ、保存・共有などの各種機能の利用状況
⇒トークルームで利用できる保存機能や共有機能などを使った情報

※詳細については、トークルーム情報をオンにする際に表示する説明(同意事項)を確認してください。

トークルーム情報提供のオンオフ

トークルーム情報の提供をしたい、したくないといった時にLINEアプリ内の設定から簡単に切り替えできるようになっています。

※ウォレットタブが実装されたLINEアプリバージョン8.3.0以降では少し設定が異なります。それぞれの操作手順を紹介します。

LINEアプリバージョン8.0.0~8.3.0までの設定手順

<操作手順>
LINE内の【…】⇒【歯車のマーク(設定)】⇒【プライバシー管理】⇒【情報の提供】⇒「トークルーム情報」のスイッチをオンオフ切り替える

OFFからONに切り替えようとすると、トークルームのどのような情報を利用するのかが表示されるので、内容をよく確認した上で【同意する】を押してください。

LINEアプリバージョン8.3.0以降の設定手順

ウォレットタブが追加後の8.3.0以降のバージョンでは、友だちタブ内の上部にある【歯車のアイコン】から設定画面を開けます。

トークルーム情報の設定(ver8.3.0~)

設定画面を開いたら【プライバシー管理】をタップ。次に【情報の提供】を開いて「トークルーム情報(※1)」のスイッチをオンオフ切り替えて設定できます。

※1:Android版Ver.8.11.0では、トークルーム情報ではなく「コミュニケーション関連情報」という設定項目になっています。

※iPhone版は上の画像のようにスイッチの丸が左側にあるとオフです(白くなっている状態)。Android版LINEの場合はチェックマークを外している状態がオフです。

トークルームが見られている、監視されているなどについて(2018年7月15日追記)

最近、トークルームがLINEに監視されている、友だちとのトークや送信した画像などが他人に見られているなどといったことがSNS上でも話題となっています。このような事実とは異なる情報が拡散されてしまっています。

上記のトークルーム情報の提供内容でも紹介した通り、友だちとのトークの内容(テキストメッセージ、動画、画像など)や通話の内容といったものは、仮にトークルーム情報の提供の設定をオンにしていたとしても情報提供されません。なので、友だちや家族とのトーク内容を見られているというのは間違いです。

LINE公式ツイッターアカウントでも友だち同士のトークは内容を取得することはないと書かれています。トーク内容が監視されたり、勝手に見られたりということはありません。

不安になるような内容が広まっており、心配されている方も多いですが、実際にそのようなこともないので安心してLINEを使ってください。提供した情報は、不正利用防止やサービス向上のために利用されます。

2 件のコメント

  • 古いバージョンでは、情報の提供の設定がないのですが、バージョンアップせずに安全に使える方法はありますか。

  • トークルーム情報の提供の設定がないバージョンでしたら、サービス向上のための情報利用に同意していないわけですのでLINEへ情報提供されないと思います。

    セキュリティを考慮すると最新バージョンにしておいた方が良いですよ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。