LINEアプリ「言語変更」と「通報」のやり方

LINEアプリのVer.7.16.0の配信が開始しました。本バージョンで次の点がAndroid版にて追加・変更されています。

・アプリ内の言語変更
・プロフィール画面に通報ボタンが設置
・LINEトークのボイスメッセージ表示デザインの変更

このページでは、言語の変え方と通報のやり方を解説しています。

※動作確認:LINEアプリバージョン Android版Ver.7.16.2、iOS版Ver.7.16.0

言語変更のやり方

LINEアプリでのみ適用できる言語の設定ができるようになりました。アプリ内の設定から英語や日本語に簡単に変更できます。

これまでは、スマホ本体で設定している言語が連動してLINEアプリでも適用されるようになっていましたが、LINEアプリ内で設定することができます。

Android版での先行配信となります。現在(2017年11月24日時点)、iPhoneなどiOS版では変更することはできません。

<操作手順>
LINEアプリ内のタブメニュー【…】⇒【歯車のアイコン】⇒設定画面が出るので下にスクロールして基本設定の項目の【言語】⇒言語(※1)を選んで【保存】をタップすれば完了です。

※1:「端末の言語」を選べば、今まで通り端末設定と連動します。

通報のやり方

LINEアプリバージョン7.16.0(Android版)の新機能にて、友だちに追加していないアカウントのプロフィール画面に【通報】のボタンが設置されています(iPhone版は既に対応済み)。迷惑行為など問題のあるユーザーは通報しておきましょう。

<操作手順>
【通報(※2)】⇒【通報する理由を選択(※3)】⇒【同意して送信】

“通報しました”と表示したら完了です。このユーザーをブロックしますか?と表示するので【ブロック】か【キャンセル】か選択してください。ブロックするとメッセージが届かなくなります。

※2:画像左がプロフィール、右がトークルーム

※3:通報する理由として最適な項目を「スパム/宣伝目的、異性交際/出会い目的、迷惑行為、その他」から選びましょう。

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。