ソフトバンクの2019年夏モデル『LG K50』のスペック紹介!コスパが良いモデルになる模様

ソフトバンクは2019年夏モデルを発表しましたが、その中には韓国メーカーLGが発売する『LG K50』の名前があります。

LGはソフトバンク以外にも他キャリアでスマホを取り扱った事があるメーカーで、今回のLG K50は格安で手を出しやすいスペックになっております。

どういったスペックなのか?LG K50のセールスポイントは何か?をまとめてみました。

LG K50のスペックまとめ

既にソフトバンクやLGの公式ホームページではLG K50のスペック表が公開されており、カタログスペックは以下の内容になります。

OS Android 9
CPU MT6762(オクタコア)2.0GHz+1.5GHz
本体サイズ 77×161×8.7mm
画面サイズ 6.26インチ HD+
バッテリー容量 3,500mAh
内蔵RAM・ROM 3GB・32GB
カメラ画素数 メインカメラ…1,300万画素+200万画素

サブカメラ…1,300万画素

ワンセグ・フルセグ 非対応
防水・防塵 非対応
おサイフケータイ 非対応

発売は7月上旬で価格は未発表、現在はソフトバンクホームページ上で6月下旬より予約開始という状況です。

LG K50のセールスポイントは3つ

LG K50は『大容量バッテリー・大画面を驚きのコストパフォーマンスで』というキャッチコピーで売り出しする予定のようです。

価格こそ未発表ですがスペックの数値から低価格帯スマホになると予想されており、看板に偽り無いよう以下3つの特徴を引っ提げて2019年夏モデルに参戦してくる模様です。

約4日間持つ大容量バッテリー

3,500mAhと低価格帯スマホとしては大容量のバッテリーを搭載しており、電池持ちを気にせず使う事が出来るのをセールスポイントにしております。

一般的に想定される使い方でLGが計測した結果、4日以上連続使用する事が出来るとの事なので電池持ちに関して低価格帯スマホでは良いと言えるでしょう。

6.26インチの大画面でHD画質

LG K50の液晶画面は6.26インチと画面サイズは大きめにとられており、1,520×720dpiのHD+画質なので低価格帯スマホでも高画質となっております。

「YouTube等をたまにスマホで見るのでそれなりの高画質で安いスマホが欲しい!」という方の選択肢になるかもしれません。

デュアルカメラを搭載しポートレート撮影が可能

低価格帯スマホでも搭載される事が多くなった複眼レンズを採用しており、その複眼レンズを用いたポートレート撮影(被写体をくっきりと映しつつ、背景はぼかす撮影)が可能です。

前面カメラの画素数も1,300万画素とメインカメラ並みの画素数を確保しているので、自撮りにも高画質撮影が期待できるでしょう。

防水・ワンセグ・おサイフケータイ非対応がデメリット

LG K50はバッテリー容量や大画面のHD+画質、デュアルカメラとポートレート撮影機能といった『スマホに多くの方が求める機能を搭載したスマホ』です。

これだけの機能を備えて低価格帯スマホなら及第点ですが、残念ながら防水・防塵機能、ワンセグによるテレビ視聴、おサイフケータイの機能は搭載されておりません。

ワンセグによるテレビ視聴は使用しないユーザーも多く国産スマホでも外される事も珍しくなく、防水・防塵も海外スマホメーカーでは非搭載も多いのでLG K50だけではありません。

ただキャッシュレス決済が普及し始めている中で『おサイフケータイ』非対応となると、これからスマホ決済をガッツリ使いたい人には合わないかもしれません。

LG K50の販売は2019年7月上旬予定

LG K50の販売は2019年7月上旬予定で、予約は同年の6月下旬から開始する予定となっております。

予約開始と前後して正式な取扱い価格も発表されると思いますので、ソフトバンク2019年夏モデルで機種変更を考えている方、安いスマホを探している方はチェックしておいて損は無いでしょう。

LG公式ホームページでは『スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン』とComing Soonという文字もある事から、PayPayによるキャッシュバックも起こる可能性が高いと見られています。

こちらのキャンペーンも続報をチェックしておき、PayPayがもらえるチャンスは逃さないようにしたいものです。

LGK50|LGエレクトロニクス・ジャパン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大手携帯電話事業者に就職後、販売やコールセンターにてお客様対応を経験。 審査業務を担当した後、経験を生かしてスマホWebライターとしても執筆中。 表には出てこない携帯電話事業者の裏側の話も知る人間として、お役に立てる情報を執筆したいと思っております。