iPhoneに「侵害されたパスワード」の通知が表示!放置しても良い?パスワード削除で消えるのか?

iPhoneに「侵害されたパスワード」と通知が届くことがあります。

今回の出来事は、私がiPhone 12 Proに機種変更した時のことです。データ転送を終え、通知センターを見てみると「侵害されたパスワード」という表示を確認しました。

突然のことに危機感を覚え、詳しく調べてみました。同じ通知が表示されて、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

この記事では、iPhoneに表示する「侵害されたパスワード」とは何か、どうすれば良いのかについて解説します。

侵害されたパスワードとは

iPhoneやiPadでは、「侵害されたパスワード」と警告が表示することがあります。

侵害されたパスワード

これは、iOS14、iPadOS14から追加されている「セキュリティに関する勧告」という機能によるものです。iCloudキーチェーンに保存されているパスワードの中に脆弱なものを発見すると、勧告、警告します。

本機能の中に「漏洩の危険があるパスワードを検出」という設定項目があり、過去にデータ漏洩したパスワードを自分が設定している場合に警告してくれる設定もあります。

Apple公式にも記載は見当たりませんでしたが、この設定が有効になっていると、「侵害されたパスワード」との警告(通知)が表示するものだと思われます。

一例ですが、危険性のあるものとして検出されるパスワードには、下記のようなものがあります。

  • データ漏洩したパスワード
  • 複数のアカウントで利用しているパスワード
  • 簡単なパスワード、安全性の低いパスワード

検出されやすいパスワードは、1234やabcdなどの推測しやすいものにしていたり、いろんなサイトで同じパスワードを使いまわしていたりしている場合です。複雑なパスワードほど、検出されにくくなっています。

ただ、iPhoneで「侵害されたパスワード」と表示したからといって、パスワードが外部に流出したというわけではありません。基本的には、脆弱なパスワードであることを知らせ、変更するよう案内してくれます。

「侵害されたパスワード」と表示された場合は、勧告・警告されている内容を確認し、案内に従いしっかり対策してください。

侵害されたパスワードと出たらどうすれば良い?

iPhoneやiPadに「侵害されたパスワード」と表示した場合、内容をよく読んで確認してみましょう。基本的には脆弱なパスワードのため、変更するよう勧められます。

「侵害されたパスワード」と通知センターに表示している場合は、通知内容を確認してください。タップすれば、詳細画面が開くので確認してみましょう。設定アプリからは、下記の手順でアクセスできます。

<侵害されたパスワードを確認する>

  1. 設定アプリを開きます。
  2. 【パスワード】をタップします。
  3. 認証画面が表示したら、Face IDやパスワード入力をして認証します。
  4. 【セキュリティに関する勧告】をタップします。
  5. 検出されたサイト、勧告内容が表示します。指示に従い対処してください。
セキュリティに関する勧告の設定

一例ですが、警告内容として、下記のようなものがあります。

このパスワードはデータ漏洩で検出されたことがあるため、このアカウントは危険にさらされています。パスワードをすぐに変更した方がいいでしょう。

この説明文の下にある【Webサイトのパスワードを変更】をタップすると、該当のアカウントを使用しているWebサイトが開くので、必要に応じてパスワード変更をしてください。

放置しても良いの?

「セキュリティに関する勧告」は、脆弱なパスワードと判断された場合に勧告、警告する機能です。

「侵害されたパスワード」などの表示は、過去にデータ漏洩したパスワードなどを使用していて、このまま使い続けるとリスクがあるため、パスワード変更を促しています。

アカウントの乗っ取りや、パスワードが流出したから、勧告、警告されたわけではありません。ですが、可能性としては、既に不正アクセスされているということもあり得ます。

この段階では、何も起こっていないかもしれませんが、脆弱なパスワードを使っているのは確かなので、パスワード変更などの対策をしておくことをおすすめします。

パスワードを削除すると勧告が消える

パスワード変更を勧告されているが、パスワードをそのまま使い続ける、勧告を消したい、という場合は、「セキュリティに関する勧告」から「パスワードを削除」することで勧告されなくなります。

パスワードを削除

「パスワードを削除」と言っても、サイトに登録しているアカウントやパスワードが消えるわけではなく、iCloudキーチェーンに保存している情報を削除するだけです。これにより「セキュリティに関する勧告」の対象外になるため、勧告は表示しなくなります。

iCloudキーチェーン上ではなく、本当にサイトに登録しているアカウントやパスワードを削除したい場合は、該当のサイトにアクセスしてアカウント削除やパスワード変更などの手続きが必要になります。

漏洩の危険があるパスワードを検出する設定をオフにする方法

「漏洩の危険があるパスワードを検出」の設定をオンにすると、自分のパスワードに漏洩したデータと照合して、危険なパスワードがあった場合は警告してくれます。

<漏洩の危険があるパスワードを検出の設定をオフにする手順>

  1. 設定アプリを開きます。
  2. 【パスワード】⇒Face IDなどで認証します。
  3. 【セキュリティに関する勧告】をタップします。
  4. 「漏洩の危険があるパスワードを検出」のスイッチをタップします。
漏洩の危険があるパスワードを検出をオフにする

※動作確認環境:iPhone 13 Pro(iOS15.0.1)、iPhone 12 Pro(iOS15.0)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。