iPhone12 Pro・miniはいつ発売?スペックやサイズ、価格、ノッチ、5G、指紋認証に関する噂と予測【2020年モデル】

2019年のiPhone11シリーズに続く、2020年モデルのiPhone12シリーズが発売すると言われています。

2020年4月に「iPhone SE(第2世代)」が発売されたばかりですが、5G対応も期待されているiPhone12シリーズを注目されている方も多いと思います。

この記事では、iPhone12シリーズに関するスペック、価格、発売日などの噂・予測をご紹介します。

今回紹介する内容は、あくまでリーク情報や噂、予測の話です。Appleが発表した情報ではありませんので、参考程度にご覧ください。

iPhone 2020年モデルの名称は?

11シリーズは3モデルでしたが、iPhone12シリーズではプロモデル2機種とスタンダードモデル2機種の合計4機種の発売が噂されています。

  • 6.7インチ:iPhone 12 Pro Max
  • 6.1インチ:iPhone 12 Pro
  • 6.1インチ:iPhone 12(またはiPhone 12 Max)
  • 5.4インチ:iPhone 12 mini(またはiPhone12)

※本記事では、6.1インチをiPhone12、5.4インチをiPhone 12 miniとして紹介していきます。

プロ2機種が上位版の位置付けになります。iPhone12シリーズでは、iPhone11のようにProよりも性能を抑え、価格を抑えたiPhone12があり、さらにもう一台、5.4インチのコンパクトモデルとして、iPhone12 miniが登場すると言われています。

iPhone12シリーズに関する噂と予測

ディスプレイ

4機種とも有機ELディスプレイに対応。

モデル iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro iPhone12 iPhone12 mini
ディスプレイ 6.7インチ 6.1インチ 6.1インチ 5.4インチ
Super Retina XDRディスプレイ
オールスクリーンOLED
2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppi
Super Retina XDRディスプレイ
オールスクリーンOLED
1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi

本体のサイズや重さは?

モデル サイズ 重量
iPhone12 Pro Max 161mm×78.0mm×8.1mm 230g
iPhone12 Pro 146mm×73mm×8.1mm 190g
iPhone12 151×76×8.3mm 196g
iPhone12 mini 130.8mm×63.75mm×8.3mm

デザイン・ボディ素材

iPhone12シリーズは、iPhone11シリーズなどと同じ、ホームボタンを搭載しないノッチデザインです。

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro MaxはiPhone11シリーズよりもノッチとベゼルを狭くしたデザインになると噂されています。実現すれば、ディスプレイの占有率がさらに高くなります。

ディスプレイやフレーム部は、iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxのデザインから変更され、iPhone5シリーズやiPad Proフラットなデザインが採用されそうです。

ボディ・フレーム素材は、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxは、ステンレススチール。iPhone12はアルミニウムを使用します。

カラーバリエーション

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxに新色としてネイビーブルーが追加されるとの情報があります。iPhone 11 Proで追加されたミッドナイトグリーンは廃止されると思われます。

よって、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ネイビーブルーの4色。

スタンダードモデルのiPhone12は、iPhone11のような位置付けから6色ほどのカラフルな機種となりそうです。iPhone12 miniも同じようなカラーになると思われます。

ブラック、ホワイト、イエロー、パープル、ブルー、オレンジ、グリーン、レッドなどが予想されています。

カメラ

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxはトリプルカメラ+LiDARスキャナー。クアッドカメラが搭載されるとの噂も出ています。

iPhone12、iPhone12 miniはデュアルカメラが搭載されます。

モデル カメラ性能
iPhone 12 Pro、Max 超広角:1200万画素、F値2.4&120°視野角
広角:6400万画素、F値1.8
望遠:1200万画素、F値2.0
iPhone12、mini 広角:6400万画素、F値1.8
超広角:1200万画素、F値2.4

5Gの対応は?

全モデル5Gに対応すると言われています。

iPhone12、iPhone12 miniは、Sub6をカバー。iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxは、Sub6とミリ波に対応。

モデル 周波数帯
iPhone 12 Pro Max Sub6、ミリ波
iPhone 12 Pro Sub6、ミリ波
iPhone12 Sub6
iPhone12 mini Sub6

5Gの周波数帯は、6.0GHz帯未満の周波数帯「Sub6」と高周波数帯の「ミリ波」が利用されています。ミリ波はSub6よりも超高速通信に対応しています。

しかし、2020年5月現在、5Gサービスが開始したばかりでまだまだエリアは限られています。ミリ波は高速通信が可能ですが、Sub6よりもエリアはさらに狭いです。

ちなみにAndroidでは、arrows 5G、Galaxy S20+ 5Gなどがミリ波に対応しています。

プロセッサ

毎年そうですが、秋の新型iPhoneには、最新のプロセッサが搭載されてきました。

例年通りなら、iPhone12シリーズには、A14 Bionicチップ、第4世代のNeural Engineが搭載されることになります。

A13 Bionicチップは、A12 Bionicチップと比べ、20%高速化、40%省電力になっています。A14 Bionicチップでもさらなる進化をすることでしょう。

メモリ・RAM

上位版のプロモデルは、メモリ6GBを搭載。iPhone11シリーズは4GBでしたが、さらに高性能になっています。

モデル RAM
iPhone 12 Pro、Max 6GB
iPhone12、mini 4GB

Androidの5G対応機種はメモリ12GBを搭載している機種もあるので、5Gに対応するiPhoneで6GBを搭載しても不思議ではありません。

ストレージ容量

iPhone11シリーズにあった64GBは廃止され、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxには128GBを追加。iPhone12、iPhone12 miniは、128GBと256GBのみになるようです。

モデル ROM
iPhone 12 Pro、Max 128GB、256GB、512GB
iPhone12、mini 128GB、256GB

リフレッシュレート120Hz

リフレッシュレートは、画面表示の書き換えを値で表したもの。Hzの数値が大きいほど1秒間あたりの書き換えが多く、操作に正確で滑らかな動きとなります。

モデル リフレッシュレート
iPhone 12 Pro Max 120Hz
iPhone 12 Pro 120Hz
iPhone 12 60Hz
iPhone 12 mini 60Hz

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxのみでは、ProMotionテクノロジー(リフレッシュレート120Hz)を搭載。これまでのiPhoneはいずれもリフレッシュレート60Hzです。

AndroidではPixel 4シリーズは90Hz、Galaxy S20シリーズは120Hz、AQUOS zero2は240Hzのリフレッシュレートに対応しています。

iPad Proでは2017年の第2世代より、リフレッシュレート120Hzに対応しています。これにより、普段の操作や動画視聴、ゲームのプレイなど、あらゆる場面でより快適な環境を実現できます。

下記の動画では、リフレッシュレート60Hzと120Hzしています。スクロール、Apple Pencilなどの動きの違いがよくわかります。

バッテリー容量と共有機能

iPhone 12 Proのバッテリー容量は、iPhone 11 Pro Maxと比べて、約10%増量。iPhone 12 Pro Maxはそれ以上の容量になるはずです。

充電は変わらず、Lightningケーブルによる充電とワイヤレス充電に対応するものだと思われます。

iPhone11の時と同じく、iPhone12でもUSB Type-Cの対応するのではないかと言われているので、Lightning端子からの切り替えの可能性があります。

また、iPhone11でも噂されていたデバイス間のバッテリー共有機能のリーク情報も出ています。これが実現した場合、Apple WatchなどのApple製品にバッテリーを分け与えることができます。

生体認証:顔認証とディスプレイ埋め込み型の指紋認証

iPhone11シリーズと同じく、Face ID(顔認証)に対応しています。認証性能がより進化したFace IDになります。

iPhone11シリーズ発売前にも噂されていたディスプレイ埋め込み型の指紋認証(Touch ID)にも対応するモデルが発売するかもしれません。

Androidでは、ディスプレイ埋め込み型の指紋認証は一部の機種で対応しています。OPPO RENO Aの場合は、設定しておければ画面の下の方に指紋センサーが表示し、指を当てることで認証できます。

価格

現在出ている情報では、下記表のドルが有力です。日本円は旧モデルの情報も併せて予想した価格。

モデル 価格
iPhone 12 Pro Max 128GB:1099ドル、119,800円
256GB:1199ドル、127,800円
512GB:1399ドル、151,800円
iPhone 12 Pro 128GB:999ドル、106,800円
256GB:1099ドル、119,800円
512GB:1299ドル、141,800円
iPhone 12 128GB:749ドル、79800円
256GB:849ドル、90800円
iPhone 12 mini 128GB:649ドル、69800円
256GB:749ドル、79800円


iPhone11シリーズの価格は次の通りです。Appleオンラインストアでの発売当初の金額です。

容量 64GB 256GB 512GB
iPhone11 Pro Max 119,800円 135,800円 157,800円
iPhone11 Pro 106,800円 122,800円 144,800円
容量 64GB 128GB 256GB
iPhone11 74,800円 79,800円 90,800円

発売日・発表日

新型iPhoneの発売は、例年通りであれば9月発売になりますが、新型コロナウイルスの影響でiPhone12シリーズは、発売が遅れる可能性があると見られています。

機種 発表日 予約開始日 発売日
iPhone11シリーズ 2019年9月11日 2019年9月13日 2019年9月20日
iPhone XSシリーズ 2018年9月13日 2018年9月14日 2018年9月21日
iPhone XR 2018年9月13日 2018年10月19日 2018年10月26日

また、2018年に発売したiPhone XRのように、iPhone XSシリーズよりも遅れて発売したように、iPhone12シリーズでも発売時期をずらして発売する機種もあるかもしれません。

取り扱いキャリア、楽天モバイルからの発売はある?

キャリアからは、今まで通り、ソフトバンク、au、ドコモから発売されると予想できます。

2020年4月から正式にMNOサービスを開始した楽天モバイルの取り扱いも期待したいところですが、現時点ではiPhoneの取り扱いもなく、無料通話や無料SMSを可能とするRakuten Linkアプリは非対応となっています。

現時点では、楽天モバイルからの販売はないように思います。iPhone11やXSシリーズと同様、SIMフリー版を購入して使用することはできると思われます。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。