【iOS13・iPadOS】iPhoneアプリの削除・アンインストールのやり方

iOS13にアップデートしたiPhoneで、iOS12以前と同じ操作でアプリを削除しようと、アプリアイコンを長押しをしても、バツマークが表示されなくなっていることに気づきました。

アプリと同じくホーム画面に追加しているWEBページのショートカットも同じくバツマークは表示しません。

理由は、iOS13やiPadOSでは、操作方法が変更されている事が原因でした。

そこで今回の記事では、iOS13を搭載するiPhone(iPadOSを搭載するiPad)でのアプリの削除方法について解説します。

iOS12以前のバージョンでのアンインストール

これまでのバージョン(iOS12以前)では、削除したいアプリアイコンを長押しすると、アイコンが揺れ始めて、アイコンの右上にバツマークが表示するので、それをタップしてアンインストールを行うことができました。

<iOS12以前のOSバージョン>

  1. アプリアイコンを長押し
  2. 【バツマーク】をタップします
  3. 【削除】をタップします
アプリアイコンとバツマーク

【iOS13】アプリのアンインストール・削除のやり方

iOS13では、操作性が変更されていて、アプリアイコンを長押しすると、「○○(アプリ名)を共有」「Appを並べ替える」などのメニューが表示するようになっています。

アプリのアンインストールのやり方は、いくつかありますが、どのやり方でも同じようにアプリやショートカットを削除することができます。

操作手順は、下記の通りです。

ホーム画面からアンインストールする手順

  1. アプリアイコンを長押しします
  2. メニューが表示したら【Appを並べ替える】をタップします
  3. 削除したいアプリアイコンの左上に表示している【バツマーク】をタップします
  4. 確認画面が表示するので、【削除】をタップすれば完了です。
Appを並べ替える

あるいは

  1. アプリアイコンを長押しします
  2. メニューが表示しても指を離さず、長押しを続けます。
  3. アイコンが震えはじめて【バツマーク】が出るのでタップします
  4. 確認画面が出るので、【削除】をタップします

App Storeからアンインストールする手順

iOS13・iPadOSからは、App Store内から端末にインストールしているアプリを消せるようになっています。

ただし、削除できるのは、一覧に表示するアップデート可能なアプリや直近のアップデートしたアプリのみになっています。

  1. App Storeアプリを開きます
  2. 右上の【アカウントアイコン】をタップします
  3. 下の方にスクロールしていくと、いくつかのアプリが表示するので、削除したいアプリを左方向にスワイプします
  4. 右側に表示する【削除】をタップします
  5. 確認画面が表示するのでもう一度【削除】をタップします
App Storeでアプリの削除

全てのアプリを消せるわけではありませんが、アップデートを確認した際に不要なものがあれば同画面で削除が可能です。ぜひお試しください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。