【iOS11アプデ後】アプリアイコンがグレーアウト・フリーズする不具合について

iOS11にアップデート後、アプリアイコンがグレーアウトしてフリーズすることが多くなり、気になったので発生状況を調べてみました。合わせてフリーズした時の対処方法をご紹介します。

発生状況

アプリアイコンだけでなく、コントロールセンターでも発生したという方もいるみたいです。ネット上で調べてみましたが、SNS上でも投稿数は少なくそれほど問題視されていないようです。

私の端末では、メールとSafariのアプリがよくグレーアウトするようになりました。特にメールアプリで起こることが多く、メールの受信が集中した時や未開封メールを連続で開封した時によくグレーアウトします(私の場合はアカウントの使い過ぎが原因かもしれません)。

アプリアイコンがグレーアウトすると、自然に直るときもあればタップして改善したり、そのままフリーズして動かなくなってしまうこともありました。

 

対処方法は?

iOS11に問題がありそうです。不具合が修正されたバージョンが配信されるのを待つことになりそうです。

フリーズした時は「強制再起動」で復旧します。フリーズしたら充電がなくなるまで放置しているという方が時々いますが、強制的に再起動をすればすぐに復旧させることができます。

iPhoneモデル別:強制再起動のやり方

<iPhone6sシリーズ以前のモデル>
電源(スリープ)ボタンとホームボタンを同時に長押し※

<iPhone7とiPhone7 Plus>
電源(スリープ)ボタンと音量を下げるボタンを同時に長押し※

<iPhone8とiPhone8 Plus>
音量を上げるボタンを押す、次に音量下げるボタンを押す、電源(スリープ)ボタンを長押し※

※長押しはAppleのロゴが出るまで

 

 

シェアする