LINEウィジェットの使い方(ホーム画面への追加・設定・削除など)

LINEアプリのバージョン10.21.0でホーム画面にウィジェットを追加できるようになりました。

LINEウィジェットを追加すれば、ホーム画面からすぐにウィジェットに表示させているトークルームにアクセスしたり、LINEの無料通話をかけたりする事ができます。

この記事では、LINEウィジェットの使い方と設定方法について解説します。設定は簡単です。ぜひ利用してみてください。

LINEのウィジェット機能について

LINEウィジェット(トークショートカット)は、ホーム画面ウィジェットにトークルームや友だちをウィジェットに表示できる機能です。

LINEアプリバージョン10.21.0以上で利用できます。また、ホーム画面ウィジェットはiOS14以上のiPhoneで利用できます。

ウィジェットを設置すれば、ホーム画面にピン留めしたトークルームや任意のトークルームをウィジェットとして表示させる事ができます。よく連絡をする友だちやグループなどのトークルームを表示させておけば、すぐにアクセスできます。

LINEウィジェット4人表示

また、Keepメモをウィジェットに設定しておけば、ホーム画面から直接Keepメモを開いて、メモを書いたり見たりできるので便利です。

keepメモ

ウィジェットのサイズによって、表示できるトークルームの数は異なり、小は1つ、中は最大4つのトークルームを表示する事ができます。

LINEウィジェット2人表示

サイズ中で2つまでの場合は通話ボタンも表示できるので、ホーム画面からすぐに通話画面にアクセスできます。

LINEウィジェットの使い方・設定方法

LINEウィジェットの追加から設定方法をご紹介します。

LINEウィジェットを追加する

  1. ホーム画面の背景部分を長押しします。
  2. 左上の【+】⇒【LINE】をタップします。
  3. 左右にスワイプしてサイズを選択して【ウィジェットを追加】をタップします。
  4. ホーム画面にウィジェットが表示するので、ドラッグ&ドロップで好きな位置に移動させて【完了】をタップします。
LINEウィジェット追加

LINEウィジェットに表示するトークルームを選択する

ウィジェットに表示させるトークルームは、ピン留めしているトークルームを表示させるか、好きなトークルームを選んで表示できます。

ウィジェットに表示するトークルームを選択する場合

  1. LINEウィジェットを長押しします。
  2. 【ウィジェットを編集】をタップします。
  3. 「トークの種類」を【その他】から選択します。
  4. その他を選んでから【未設定】をタップし、ウィジェットに表示させたいトークルームを選択します。最大4つまで選択できます。
  5. 選択できたら、ホーム画面に戻ります。
トークショートカットの設定

ピン留めをウィジェットに表示する場合

ピン留めとは、トーク一覧の画面で好きなトークルームを上部に固定できる機能です。ウィジェットでトークの種類を「ピン留め」にしているとピン留めしたトークルームを表示できます。

複数のトークルームをピン留めしている場合は、やりとりした日時が近いトークルームが順番に表示します。

<ピン留めをウィジェットに表示する場合>

  1. LINEウィジェットを長押しします。
  2. 【ウィジェットを編集】をタップします。
  3. 「トークの種類」を【ピン留め】を選択します。
  4. ホーム画面に戻ります。
ウィジェットにピン留めを表示

<ピン留めのやり方>

  1. LINEアプリを起動します。
  2. 【トーク】をタップします。
  3. ピン留めするトークルームを右方向にスワイプします。
  4. 【ピンのマーク】をタップします。
ピン留め

LINEウィジェットを削除したい場合

LINEウィジェットが不要になった場合は、すぐに削除できます。

  1. LINEウィジェットを長押しします。
  2. 【ウィジェットを削除】⇒【削除】をタップします。
LINEウィジェットを削除

※動作確認環境:LINEアプリバージョン10.21.0、iPhone 12 Pro(iOS14.3)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。