特定のアプリだけ自動更新する、自動更新しない方法【Androidアプリのアップデート設定】

Google Playストアでスマホにインストールしたアプリを特定のアプリだけを自動アップデートする方法と特定のアプリだけ自動アップデートしない方法をご紹介します。

自分の指定したアプリを自動更新するか設定するかしないか決めておくことができます。よく利用するアプリやほとんど使うことのないアプリがある場合に設定しておくと便利です。

特定のアプリだけを自動更新する設定手順

自動アップデートさせたいアプリを決めて設定します。自動アップデートの設定をした特定のアプリ以外は、手動でアップデートする必要があります。

設定の流れ
①すべての自動更新をしないように設定する
②自動更新するアプリを個別に設定する

すべての自動更新をしないように設定する

プレイストアを起動させ、左上の【メニューボタン(三)】から【設定】に進みます。

続いて【アプリの自動更新】をタップして、【自動更新を一切しない】を選択します。

自動更新するアプリを個別に設定する

【メニューボタン(三)】⇒【マイアプリ&ゲーム】から自動更新したいアプリを選択します。

アプリの詳細ページの右上にある【メニューボタン(三)】をタップして自動更新にチェックを入れよう。

他にも更新したいアプリがある場合、②の操作手順を同じように繰り返して、自動更新にチェックを入れていこう。

特定のアプリだけを自動更新しない設定手順

自動アップデートさせたくないアプリを決めて設定します。もし、自動アップデートを解除したアプリをアップデートしたい場合は、手動でアップデートしなければなりません。

設定の流れ
①すべての自動更新するように設定する
②自動更新しないアプリを個別に設定する

すべての自動更新するように設定する

プレイストアを起動させ、左上の【メニューボタン(三)】から【設定】に進みます。

続いて【アプリの自動更新】をタップして、【常に自動更新する】or【Wi-Fiに接続しているときだけ更新する】を選択します。

※常に自動更新するを選んだ場合、Wi-Fi接続していない状態でアプリ更新すると、契約しているデータ容量を大量に消費することもあるので注意して下さい。

自動更新しないアプリを個別に設定する

【メニューボタン(三)】⇒【マイアプリ&ゲーム】から自動更新したくないアプリを選択します。

アプリの詳細ページを開いたら、右上の【メニューボタン(三)】をタップして自動更新のチェックを外そう。

他にも更新したくないアプリがある場合は、同じようにアプリ詳細ページを開いて、自動更新のチェックを外していこう。

 

 

シェアする