GoogleがHUAWEIスマホに提供停止!?既存のファーウェイユーザーはどうなる?

2019年5月20日、Googleの親会社である米アルファベット社は中国のスマホメーカー『HUAWEI』との一部取引を停止したというニュースが世界中を駆け巡りました。

米中貿易戦争と呼ばれる経済戦争を繰り広げる中で、Googleが提供するAndroidからHUAWEIが締め出されたという格好になります。

既存のHUAWEIユーザーはどのように影響を受けるのか?現段階で流れている情報をまとめました。

既存のHUAWEIユーザーに大きな影響はない

まず何より気になるポイントとしては「既存のHUAWEIのスマホを使っているユーザーに何か影響はあるのか?」というポイントです。

これに関してはGoogleの広報担当者とHUAWEIの広報担当両方から声明を出されており、既存のユーザーに関しては影響は薄いようです。

Google広報担当者「同社のアプリが既に搭載されたHUAWEI製スマホの利用者は引き続きGoogle提供アプリやアップデート可能である」

参照URL:米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋 – ロイター

HUAWEI広報担当「全ての既存のファーウェイおよびHonorスマートフォン・タブレット製品へのセキュリティー更新やアフターセールサービスを提供する」

参照URL:ファーウェイ、スマートフォンやタブレットへのサポート継続表明 – ロイター

「明日から急に今のHUAWEI製スマホではGoogleサービスが使えなくなる!」…という事態は起こらないようなので既存のHUAWEIユーザーは安心してもよさそうです。

問題は『HUAWEI製の次期スマホ』が大きく影響が出る点

今回のGoogleとHUAWEI間による一部取引停止ですが、既存のHUAWEI製スマホに影響は少ないものの、今後発売されるHUAWEI製スマホには大きな影響を与える内容です。

影響点1:Googleが提供するアプリやPlayストアが使えず中国国外で大きな影響が出る

今回の件で最も大きなポイントは『HUAWEIが今後発売するスマホにはGoogleが提供しているアプリ・サービスが使えなくなる』というのが挙げられます。

Googleが提供しているアプリやサービスの有名な物としては『Gmail』『YouTube』『Playストア』等が挙げられますが、それらがHUAWEIの新型では使えなくなる…という事です。

具体的にどのアプリやサービスを使えなくするかはまだ協議中との事ですが「HUAWEIのAndroidスマホを購入したのにYouTubeアプリが使えない!」となる可能性があります。

Playストアが利用不可だと影響は甚大で、Androidに搭載されているアプリをPlayストア経由でアップデートできない…という事態も起こりえます。

中国国内ではGoogle提供のアプリやサービスが利用出来ない物も多いので、どちらかというと中国国外でそういったトラブルが起きる可能性が高いと言えます。

影響点2:Androidを搭載してもAndroidをアップデートする事が出来ない

HUAWEI製スマホはGoogleが提供しているOSのAndroidを搭載しておりますが、Googleとの取引停止により新型スマホにAndroidの搭載は出来てもアップデートは出来なくなるようです。

その為、セキュリティや機能面でHUAWEI製スマホは一歩出遅れざるをえなくなりますが、HUAWEIは現在一部のスマホでAndroidをカスタマイズした『Kirin OS』を搭載しております。

純正のAndroid OSではなく『Kirin OS』だったらどうなるか…?この点は続報を待ちたい所です。

HUAWEIの今後の動きに注目したい

今回の件には米中貿易戦争やHUAWEI製スマホを使ったスパイ活動の懸念といった様々な事情がありますが、HUAWEIはこれらの懸念は無実であると主張しております。

ただ一朝一夕で解決する内容ではないので、HUAWEIは新しいスマホを作るのか?Androidに変わる別のOSを開発するのか?様々な手を打つであろうと予測されます。

既存のユーザーには差し迫った脅威はありませんが、今後HUAWEIのスマホを購入する時はGoogleのサービスやアプリが使えるか調べた方がよさそうです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大手携帯電話事業者に就職後、販売やコールセンターにてお客様対応を経験。 審査業務を担当した後、経験を生かしてスマホWebライターとしても執筆中。 表には出てこない携帯電話事業者の裏側の話も知る人間として、お役に立てる情報を執筆したいと思っております。