Eufy RoboVac L70 Hybridの開封から使い方!電源の入れ方・切り方、充電、掃除開始、水拭きなど

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac L70 Hybrid」の開封から充電器のセッティング、電源オンオフ、掃除の始め方、水拭き(モッピングモード)などの基本的な使い方を解説していきます。

「Eufy RoboVac L70 Hybrid」をはじめて利用する方は、ぜひ参考にしてみてください。

Eufy RoboVac L70 Hybridとは

Eufy RoboVac L70 Hybridは、Anker(アンカー)が開発および販売するロボット掃除機です。「Eufy(ユーフィ)」は、Ankerが展開するロボット掃除機や照明など家電を対象としたブランド。

Ankerは、モバイルバッテリーや充電ケーブルなどスマホ関連を主に開発、販売していることでも有名なメーカーです。Amazonでも数多くの製品で高評価を獲得しています。

Eufy RoboVac L70 Hybridの性能

吸引・水拭きの二つの機能を備えたロボット掃除機です。吸引力は、2200Paに対応。Eufy RoboVacシリーズの中で最も高性能なロボット掃除機になります(2020年5月17日時点)。

AI技術により、部屋を把握しリアルタイムでマップを作成。スマホとの連携でマップをリアルタイムに確認し、掃除エリアの指定や進入・水拭きの禁止エリアの指定、吸引力の設定や掃除予約などが可能。

Eufy独自のBoostIQテクノロジーで床の状況を把握し、最適な吸引力で掃除します。

Eufy RoboVac L70 Hybridを開封

注文していた「Eufy RoboVac L70 Hybrid」が届きました。

Eufy RoboVac L70 Hybridパッケージ

パッケージ寸法は約50x43x15cm。最初に見た印象は、思っていたより大きかったです。

それでは、早速開封していきます。

Eufy RoboVac L70 Hybrid開封

箱を開けると、本体、充電ステーション、電源アダプタ、防水パッド、モップモジュールとモッピングクロス、取扱説明書が入っています。

Eufy RoboVac L70 Hybridmのパッケージ内容

充電器を準備

ロボット掃除機を充電するために、充電器を準備していきます。充電ステーションと電源アダプタを用意してそれぞれを繋ぎます。

充電ステーション裏面のカバーを外して、電源アダプタを挿し込みます。

充電ステーションと電源アダプタを接続する

ケーブルの部分は巻き付け軸に巻いて邪魔にならないようにしておきましょう。

コードを巻く

巻き終えたら、カバーをはめてください。

次に防水パッドを取り付けます。水拭きしない場合は取り付けなくても良いです。充電ステーションを防水パッドにはめてください。

防水パッド

充電ステーションを設置する場所は、安定する平らな床に置き、壁にくっつけるようにして設置してください。また、左右50cm、前方150cmに障害物がないようにしておきましょう。

以上で充電器の準備は完了です。

ロボット掃除機本体を取り出して充電する

次にロボット掃除機本体をビニール袋から出して使う準備をしていきましょう。

まずは両サイドにある緑色のタグの付いた発砲スチロールを外してください。

本体の発砲スチロール

引っ張ればすぐに外れます。

発砲スチロール

先程、準備した充電ステーションに載せて充電しましょう。ロボット掃除機にボタンのある方が充電ステーション側にくるようにして銀色の端子が合うようにしてください。

充電する

充電が開始すると、ロボット掃除機の電源ボタンと充電ボタンがゆっくりと点滅し、「充電中です」と音声が流れます。充電を開始しない場合は、充電ボタンを押してみましょう。

Eufy RoboVac L70 Hybridの使い方・操作方法

電源のオンオフから掃除開始、水拭きのやり方など基本的な操作方法をご説明していきます。

電源の入れ方・切り方とスリープモード

充電していない状態で、電源ボタンを3秒間長押しすると、電源が立ち上がります。

電源ボタン

もう一度、電源ボタンを3秒間長押しで電源を切れます。

また、充電していない状態で動いていない場合は、10分経過すると自動的にスリープモードになります。電源ボタンか充電ボタンを押せばスリープモードは解除されます。

掃除を開始する

充電が20%未満では開始しません。
  1. 電源を入れた状態で電源ボタン(上のボタン)を押します。
  2. 自動でマップを作成し掃除を開始します(※1)。
  3. 掃除を終了する場合は、電源ボタン(上のボタン)を押します。
  4. 充電ボタン(下のボタン)を押せば、充電ステーションに戻ります。
掃除を開始、終了

※1:「EufyHome」アプリを利用すれば、マップの閲覧や掃除の進捗状況、掃除したいエリアの指定など、より便利にロボット掃除機(RoboVac L70 Hybrid)を利用できます。詳しくは「EufyHomeアプリを使おう!」をご覧ください。

水拭きしたい、モッピングモードにする

ウォータータンクに水を入れます。

①ロボット掃除機のカバーを開いてください。ボタンなどは何も押さずにカバーをうえに持ち上げれば開きます。

充電する

②次にダスト容器とウォータータンクを取り出します。二つの容器・タンクは接続されています。青いボタンを押しながら、容器を持ち上げてください。

容器を出す

③容器を取り出したら、ダスト容器とウォータータンクを分離します。容器を取り出したときとは別の裏面にあるボタンを押しながら、ウォータータンクとダスト容器を離して下さい。

容器を分離する ウォータータンクとダスト容器

④ウォータータンクに水を入れていきます。青のキャップを開いて、水を注いでください。

ウォータータンクに水を入れる
水以外は入れないでください。洗剤などを使うと故障する恐れがあります。

⑤水を入れたら、ウォータータンクとダスト容器を接続し、元通りロボット掃除機に入れて、カバーを閉めてください。

容器を入れる

⑥モッピングクロス(モップ)を水に濡らします。マジックテープを外してから、スロットに沿って横にスライドさせるとモップを取り外せます。

モップを外す

⑦モップを水で濡らしてしっかり絞ってください。モップをモッピングモジュールに戻してください。今度は、スライドしてスロットに入れてからマジックテープの部分を付けます。

モップを取り付ける

⑧モッピングモジュールをロボット掃除機本体に取り付けます。カチッ!と音が鳴るまで押してください。セットすると「モップクリーニングモードの準備が整いました」と音声が流れます。

モップモジュール取り付け

以上で準備完了です。電源ボタンを押せば、モップクリーニングモードで掃除を開始します。取り外すときは、青色のバックルをつまんで手前に引けば外れます。

EufyHomeアプリを利用すれば、水拭き禁止エリアの指定などを行えます。

EufyHomeアプリを使おう!

スマホやタブレットをお持ちなら、ロボット掃除機(Eufy RoboVac L70 Hybrid)と接続できるEufyHomeアプリを使って、快適に掃除をしましょう。

EufyHomeアプリを利用すれば、本体だけではできない機能を利用できます。

次のようなことができます。

  • ロボット掃除機をアプリから操作
  • マップの確認
  • 掃除したルート
  • 掃除予約
  • 吸引力の設定
  • 掃除履歴の確認

など、アプリを連携されることで格段に便利に使えます。

詳しくは「EufyHomeアプリの初期設定と使い方」をご覧ください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。