docomo with対象のiPhone6sの本体価格、月額料金を紹介。格安SIM版のiPhone6sを比較

ドコモは、docomo withの対象機種にiPhone 6sを2018年9月1日より追加することを発表しました。

docomo withは、指定機種を新規、MNP、機種変更で購入すると、毎月の基本料金から1500円割引するサービス。割引は、docomo with対象外の端末に機種変更するなどをしない限りずっと割引が継続します。月々サポートのように2年間限定の割引ではないので、3年、4年と長期的に利用する方にもおすすめです。ドコモを家族3人以上で利用すれば、1人あたり2000円以下の基本料金にすることも可能。

対象機種になったのは、iPhoneシリーズでは初。昨年6月にサービスを開始し、現在ではAndroidスマホ6機種が対象になっています。

iPhone 6s 本体価格とdocomo with基本料金

今回取り扱いを発表したiPhone 6sは、32GBモデル。本体価格は、39600円で販売されます。現在(2018年8月25日)、Appleで販売されているiPhone 6s 32GB(SIMフリー版)は、50800円なので価格だけを見ると約1万円安い。ドコモ版もSIMロック解除をすれば同じくSIMフリーとして使えるので条件は良いと思います。

家族3人で利用した場合の基本料金

通話料30秒20円のシンプルプラン、月間のデータ通信量に応じて料金が変動する「ベーシックシェアパック」で5GBまでの通信に抑えた場合だと、1人あたりの平均が1980円からで使用できます。

親回線 子回線A 子回線B
シンプルプラン 980円
spモード 300円
パケットパック 6500円 500円
ずっとドコモ割(プラチナ) ▲900円
docomo with ▲1500円
合計 5380円 280円 280円

ひとりでの利用した場合の基本料金

こちらは家族でデータ容量を共有しない、あるいは一人だけでドコモを利用している場合の料金です。通話料30秒20円の「シンプルプラン」と当月のデータ使用量によって料金が変わる4段階制の「ベーシックパック」で計算した料金です。データ容量1GBまで使用した場合の2900円で出しています。

シンプルプラン 980円
spモード 300円
ベーシックパック 2900円
ずっとドコモ割(プラチナ) ▲200円
docomo with ▲1500円
合計 2480円

ベーシックパックとベーシックシェアパックの詳細については次の記事をご覧ください。
ドコモの新料金プラン、ベーシックシェアパック・ベーシックパックを解説

通話プランは一番基本料金安いシンプルプランで計算していますが、通話の多い方はカケホーダイプランやカケホーダイライトプランも選べます。シンプルプランやそれぞれの違いも含め下記の記事で紹介しています。
ドコモ最安プランが登場「シンプルプラン」の内容解説。家族契約の通話の少ない方に最適

格安SIMのiPhone6sを比較

iPhone6sを販売する格安SIM事業者で端末とSIMをセットで購入した場合の料金をご紹介します。

※価格は2018年8月27日確認時点です。在庫状況や価格は変動する可能性があります。

UQ mobileのiPhone6s 32GB

UQモバイルのiPhone6s 32GBの機種代金は59724円。

5分以内の国内通話かけ放題の「おしゃべりプランS」または、60分の無料通話付きの「ぴったりプランS」の場合は、基本料金は月額1274円(2年間)。データ容量は最大2G(増量オプション加入)。

基本料金 2138円
マンスリー割 ▲864円×24回
合計 1274円

mineoのiPhone6s 64GB

mineoではiPhoneはWEB限定で販売されています。

iPhone6s 64GB 本体価格59400円
※32GBの販売はありません。
※海外版SIMフリー(メーカー認定整備済品)
※カラーはゴールド

基本料金 1410円
※デュアルタイプ、Aプランのデータ容量1GBの場合です

楽天モバイルのiPhone 6s Plus 64GB

iPhone 6s Plus 64GB シルバー
本体価格 72800円
※メーカー認定整備済み商品

基本料金(通話SIM)
ベーシックプラン 1250円
3.1GBプラン 1600円

格安SIM販売のiPhoneまとめ

同じiPhoneでも格安SIMキャリアで販売するiPhoneは、海外モデルや整備品を取り扱っていることが多く、本体価格も割と高い印象です。一方、docomo withのiPhone 6sは割と低価格で購入しやすい金額ではあります。

格安SIMの強みは、iPhone 6sを一緒に購入しなくても格安のプランで契約できる点です。なので、オークションや中古販売店など安くiPhoneを入手して格安SIMを挿入して使うことができます。

ドコモでdocomo withを適用するとなると、iPhone 6sをドコモで購入して手続きする必要があるので別の店で用意してdocomo withを適用するといったことは基本的にはできないので注意してください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

スマホサポートラインの管理人をしています。携帯電話業界の経験から各社料金プラン、サービス、AndroidやiPhoneの使い方、トラブル処理などスマホに関するさまざまな知識を得ました。モバイルに関する仕事は10年ほどしていますので幅広い内容に対応できます。