ドコモの新料金プラン、ベーシックシェアパック・ベーシックパックを解説

ドコモは、4段階制の新料金プラン「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を2018年5月25日より提供を開始することを発表しました。法人向けには「ビジネスベーシックシェアパック」が提供されます。

本プランの提供に伴い、シェアパック5、10、15、ビジネスシェアパック5、10、15、データSパック、データMパックの受付が2018年5月24日で終了します。

新料金プランのベーシックシェアパック・ベーシックパックは、1ヶ月間に使用したデータ容量に応じて料金が変動するタイプの料金プランで、通話プランで最も安い「シンプルプラン」との組み合わせが可能で、月額1500円割引が適用できる「docomo with」にも対応。

家族3人で利用した場合(ベーシックシェアパック)は、1人あたり1980円から。ひとり利用の場合(ベーシックパック)は、2480円から。と割安で利用することができます。

このページでは、「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」について詳しく解説していきます。ドコモを現在利用している方もこれからドコモを契約する方も注目の新プランとなっています。ぜひチェックしておきましょう。

ベーシックパックについて

ベーシックパックは、ひとりで利用する方向けのデータプランです。月間のデータ通信量に応じて料金が変動します。

ベーシックパック
1Gまで 2900円
3GBまで 4000円
5GBまで 5000円
5GB以上 7000円

※20GBを超えた場合は、速度制限により通信速度が送受信時最大128kbpsになります。

例えば、1ヶ月間のデータ通信量が0.8GBであれば、最も安い2900円、4GB使ったなら5GBまでに当てはまるので5000円、30GB使ったなら7000円の料金が適用されます。

料金シミュレーション(シンプルプラン+ベーシックパック)

シンプルプランと組み合わせた場合の料金は次のようになります。

シンプルプラン 980円
SPモード 300円
ベーシックパック 2900円~
ずっとドコモ割プラス(プラチナステージの場合) ▲200円~
docomo with ▲1500円
合計 2480円~

※ずっとドコモ割プラスは、ドコモの継続利用年数に応じて割引されます。上記では、プラチナステージ(15年以上継続)を例にしています。

※docomo withは対象機種購入時に申し込みできる割引です。対象機種は、AQUOS sense SH-01K、MONO MO-01K、Galaxy Feel SC-04J、らくらくスマートフォン me(2018年4月28日時点)

上記のように、データ容量1GBまでの利用であれば、月額2480円で利用できます。通話料は別途30秒につき20円かかります。

ベーシックシェアパックについて

ベーシックシェアパックは、データ容量を家族で共有して利用できるプランです。家族で利用した月間のデータ通信量に応じて料金が変動します。

ベーシックシェアパック
5GBまで 6500円
10GBまで 9000円
15GBまで 12000円
15GB以上 15000円

例えば、1ヶ月間のデータ通信量が家族で合計4GBであれば、最も安い6500円、9GB使ったなら10GBまでに当てはまるので9000円、30GB使ったなら15000円の料金が適用されます。30GBを超えた場合は、料金は15000円以上上がりませんが、速度制限により通信速度が送受信時最大128kbpsになります。

料金シミュレーション(シンプルプラン+ベーシックシェアパック)

家族3人利用で家族間の通話を無料で利用できる「シンプルプラン」と「ベーシックシェアパック」を組み合わせた場合の料金は次のようになります。

親回線 子回線1 子回線2
シンプルプラン 980円
SPモード 300円
パケットパック 6500円~ 500円 500円
ずっとドコモ割プラス(プラチナステージの場合) ▲900円~
docomo with ▲1500円
合計 5380円~ 280円~ 280円~

※ずっとドコモ割プラスは、ドコモの継続利用年数に応じて割引されます。上記では、プラチナステージ(15年以上継続)を例にしています。

※docomo withは対象機種購入時に申し込みできる割引です。対象機種は、AQUOS sense SH-01K、MONO MO-01K、Galaxy Feel SC-04J、らくらくスマートフォン me(2018年4月28日時点)

上記のようにデータ容量が3人で5GBまでの利用であれば、親回線が5380円、子回線280円×2台になるので、1台当たり平均すると1980円と割安で利用できます。

お知らせで使い過ぎを防止(データ量到達通知サービス)

使いすぎても料金が変動しない定額制の料金プラン(データMパックやデータシェア10など)と違い、「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」は、使い過ぎて料金の上限値になってしまったりする可能性があるので高くついてしまう可能性がある点に注意が必要。

ですが、「データ量到達通知サービス」を契約しておけば、使い過ぎを防止することができます。料金は無料です。

ドコモでは、ベーシックパック・ベーシックシェアパックの料金が変動するデータ容量をステップと呼んでいるのですが、データ量到達通知サービスを契約しておけば、ステップの前後でお知らせメールが届きます。また、速度低下前後にお知らせするようになっています。

通知のタイミングは、次のステップまで「ベーシックパック」の場合は残り約200MB、「ベーシックシェアパック」の場合はステップ変動まで残り約1GB到達時にメールが届くようになっています。

ただし、電波の状況や大容量のデータ通信を行ったなどで通知のタイミングが異なることもあるので、目安として利用しましょう。自分で使いすぎたりしないようにしっかり管理することが大切です。

とはいっても、メールでお知らせが届くので気づかないうちに使いすぎたということは少なくできると思います。

公式サイト:ベーシックパック・ベーシックシェアパック|NTTドコモ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。