au iPhone SE低料金内訳と最安料金を維持するためのプラン変更のタイミング

auのiPhone SEへ機種変更した時に最も安くなるプランの内訳解説、低料金維持のプラン変更タイミングガラケーからiPhone SEへ機種変更を限定で、お得に契約する方法を解説します

ガラケーからiPhone SEへお得に契約するには条件があります。対象になる人は、通話、データ通信ともに利用が少ないライトユーザーの方、長期的にスマホを利用する方になります。条件を満たせば、実質的に負担なくiPhoneSEとAndroidスマホの『Qua phone』の2台を手に入れることができる方法です。この記事では、iPhoneSEとQua Phoneを例に挙げていますが、他機種でも組み合わせ次第で応用すればお得に契約すること可能です。Qua Phone側は格安プランが選択できる機種、iPhoneSE側は目的の機種という形になります。

au iPhone SE低料金内訳 と プラン変更のタイミング

まずは、iPhone SEへ機種変更した時の最安プランをご確認ください。データ定額1GBの場合は毎月割が適用外となるため、データ定額3GBを選択したときに最も安いプランとなります。下記が内訳となります。

スーパーカケホ 1700円
LTE NET 300円
データ定額3GB 4200円
auスマートバリュー ▲934円
iPhone SE本体代金 2370円
毎月割 ▲2340円
合計 5296円
合計(3年目以降) 5266円

※上記は3Gケータイまたは3Gスマートフォンからの機種変更を想定しています。
※スーパーカケホ=1度の通話が5分以内の場合無料、超過分20円/30秒

iPhone SEの本体代金を込みで2年間は、月額5296円。3年目以降は、本体代金と毎月割が終了するため、30円プラスとなり5266円となります。3年目以降さらに、料金を抑える場合はデータ定額1GBへプラン変更をすると、月額3966円に抑えることができます。最安維持するためのタイミングは、購入から2年後の毎月割が終わる月にデータ定額1GBへプラン変更をすること。※プラン変更は、翌月適用となるため、変更月は毎月割は適用されます。

上記が通常通り、iPhone SEへ機種変更した場合の料金とプラン変更のタイミングになります。

iPhone SEへお得に機種変更する方法

ガラケーからiPhone SEへお得に機種変更するには。手順としては、2段階で手続きをする必要があります。auでは、QuaPhoneへ機種変更します。auスマホ デビュープログラムを適用することができるので、月額料金を格安で契約することができます。

別途、アップルでiPhone SEを購入します。あとは、SIMカードをiPhone SEに挿入すれば、利用可能になります。QuaPhone+iPhone SEを含んだ金額が下記になります。

LTEプラン 934円
LTE NET 300円
LTEフラットcp 2680円
auスマートバリュー ▲934円
QuaPhone負担金 1395円
毎月割 ▲846円
Apple iPhone SE 2151円
合計 5680円
合計(3年目以降) 2980円
合計(4年目以降) 6000円

※LTEプラン=au宛の通話1時から21時無料、他20円/30秒
※LTEフラットcp=データ通信容量1GB

iPhoneSE 1台購入の場合とほとんど金額差なく、契約できることが分かると思います。

2年間は、384円高くなりますが、3年目の料金がかなり安くできます。4年目以降については、スーパーカケホ+データ定額1GBへ変更すれば、3966円で維持が可能となります。こちらのプランの場合は、購入から3年後の『LTEフラットcp(auスマホ デビュープログラム)』の割引が終了するタイミングが低料金を維持するために行うプラン変更のベストタイミングとなります

こちらの方法を行うことで、QuaPhoneとiPhone SEの2台を購入したにも関わらずに、通常通りiPhone SEへ機種変更した時とほとんど差額がなくQuaPhoneとiPhone SEを手に入れることができます。

2台のうち、1台をWi-Fi通信で利用することもできます、故障した時の予備でストックすることもできます。家族にあげることもできます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。