au 4G LTE 対応スマホの月額料金をとにかく安くする方法-安さのみを追求

au 4G LTE 対応スマホの月額料金をとにかく安くする方法-安さのみを追求

auの4GLTEスマホをとにかく安く維持する方法をご紹介。今回の記事は、維持費をとにかく安くしたい人のみお読みください。条件があてはまる人は、少ないと思います。

こんなひとにおすすめ
・本体を手に入れる事が目的で購入したので維持費は安くしたい人
・使っていないスマホを解約したいが今解約すると解約料金がかかるので解約月まで置いておきたい
・Wi-Fiのみで使うので、安ければ何でもいい人
など

本当に維持費を安くする方法はあるのか?

LTEプラン+従量プランの組み合わせで月額934円(税抜)で維持する事ができました、2015年11月16日に終了し安く契約する方法がなくなったかに思われた方も多いのではないでしょうか?安心して下さい、まだ方法はあります。

>>従量プラン終了についての記事

現在 LTEプランを契約するとLTEフラットとのセット契約になります。
LTEプラン 934円
LTEフラット 5700円
auスマートバリュー ▲1410円
合計 5224円

むしろ スーパーカケホ の方が安い
スーパーカケホ 1700円
データ3GB 4200円
auスマートバリュー ▲934円
合計 4966円

4966円では、Wi-Fiのみで使う人や解約月まで寝かしておきたい人にとっては、まだまだ高いです。

そこで今回ご紹介する方法は、4G LTEの契約から 3Gの契約へ 通信方式の変更を行う事です。

4G LTEの契約から 3Gの契約へ どういう事か?

簡単に言うと3Gの契約にする事により、プランEシンプルの選択が可能になる。
つまり、プランEシンプル=月額料金743円 で維持する事ができるのだ!

手続きは、どうすればいいのか?

auショップで変更する事ができます。問題なのが、早速、auショップに行って3Gの契約へすぐ変更できるものではない。準備が必要だ!契約のみを3Gに変更するには、持ち込み機変と言う方法になるので、ガラケーもしくは、3Gスマホが必要になる。マモリーノ(キッズケータイ)でもかまいません。マモリーノや古いガラケーなどは、中古で安く手に入れれます。

準備ができたら、その機種をもってauショップへ!

準備した機種への機種変更(持ち込み機種変更)をお願いする。

プランは、プランEシンプルが最安だ!安くしたいならプランEシンプルで契約して下さい。

これだけです。手続き自体は、スムーズにいけば、10分程度で終わります。

結局かかる費用は?

・機種の準備費用
ガラケー、キッズケータイや3Gスマホを購入する際の費用
以前使っていた機種など手元に機種がある場合は、それを使えば費用はかかりません。

・持ち込み機種変更の事務手数料
3240円(携帯料金と一緒に翌月支払いになる)

どのくらいお得になるのか?

例えば、
4G LTEのスマホが月額5000円だと仮定しても3G契約に持ち込み機種変更する事により743円になれば、毎月4257円安くなる。解約月まで眠らしておくにして、6か月後が解約月なら
¥4257 × 6ヶ月 = 25542円 節約できる事になる。
解約料がそれほど高くなければ、すぐ解約する方が良いことがあります。

最後に

今回の記事は、安さのみを追求した記事です。auの電波を使って、スマホで通話をしたり、ネットをしたりしたい人は、この方法をすると、SIMカードの種類が変わり、なにもできなくなります。少し難しい内容だと思いますが、もし利用する機会があれば、ご参考にして頂ければ幸いでございます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。