APPLE、新機能が盛り沢山iOS 10を発表、手書き文字を送信、留守電テキスト化、持つだけでスリープ解除、他

Appleの開発者向け発表会『WWDC 2016』で、最新のiOSバージョン『iOS 10』が発表されました。2016年秋より、提供を開始します。今年秋に発売を予定しているiPhone 7/iPhone 7 Plusで搭載されるものだと思われる。開発者向けのベータ版については、ダウンロードができるようです。

WWDC2016では、『iOS 10』のほか、『macOS Sierra』、『watchOS 3』、『tvOS 10』の発表がされました。

iOS 10 対応機種

iOS10対応デバイス
iPhoneでは、iPhone5以降のモデルがiOS 10に対応する。iPhone4sは非対応となっています。提供が開始されれば、アップデートで利用が可能になる機種です。

iOS 10 新機能

iOS 10では、多数に機能が追加されています。まず、ロック画面が刷新され、手に持つだけでスリープ解除が可能となっており、3Dタッチにも対応する。また、画面ロック状態でメッセージの確認、そのまま返信ができます。メッセージは、手書き文字の送信や絵文字の3倍拡大表示、テキストを絵文字への変換、スタンプ機能の追加など、メッセージアプリの機能も大幅に強化されています。

写真アプリでは、顔認識、シーン認識機能、自動ムービー生成など。電話アプリでは、留守電のテキスト化機能『Voicemail』、迷惑電話の自動識別機能の追加。

そのほか、マップやミュージックアプリなど新機能が追加されています。詳しくは公式ページをご確認ください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。