iPhoneでSafariのリンクからアプリが勝手に起動するのを停止する方法とアプリ自動起動のやり方

iPhoneやiPadの「Safari」から、AmazonやYouTube、Twitterなどのリンクをタップすると、勝手にアプリが開いてしまうことがあります。このページでは、Safari上でリンクをタップした時に、アプリに自動移行する設定方法と自動移行を解除する方法をご紹介します。

ユニバーサルリンクについて
リンクをタップした時に、アプリへの自動移行するのは、ユニバーサルリンクに対応しているアプリになります。対応していないアプリへの自動移行はできません。

例えば、Safari上で、Twitterのリンクをタップした時に、自動的にTwitter公式アプリが起動して対象ページを開きます。そのほか、Amazonの商品をタップした時に、Amazonショッピングアプリが開いて、対象の商品ページが開きます。このように、Safariからアクセスしたリンクであっても対応のアプリに移行するようにすることができます。

アプリの自動起動を停止、Safariで開く

Google検索
グーグル検索をした時に、対象のページを長押しして【開く】もしくは【新しいタブで開く】をタップすると、Safariでアクセスできます。

アプリに自動移行後
対象のアプリに自動以降した場合は、そのページの右上に出ているURLをタップすることでSafariのページにアクセスできます。

※Safariでアクセスしておくことで、次回からはアプリは起動せずSafariで開くようになります。

アプリを自動起動させる方法

Google検索
グーグル検索をした時に、対象のページを長押しして、上から3番目の【“アプリ名”で開く】をタップすると、対象のリンクをタップすると、そのアプリで自動的に起動するようにできます。

画像では、Amazonで試しているので、“Amazon”で開くをタップ!すると、Amazon公式ショッピングアプリで起動します。

ユニバーサルリンク対応のページ
Safariページで画面を一番上まで持ってくると、上部に「“アプリ名”Appで開く」と表示されるので【開く】をタップすると、アプリで起動するようになります。(一部自動にならないサイト、アプリがあります。)

下の画像は、Safariでamazon(ブラウザ版)にアクセスした画面です。

※ユニバーサルリンクに対応していない、もしくは対応アプリをiPhoneにインストールできていない場合は表示されません。

 

 

シェアする