iPhoneやiPadの「Safari」から、AmazonやYouTube、Twitterなどのリンクをタップすると、勝手にアプリが開いてしまうことがあります。このページでは、Safari上でリンクをタップした時に、アプリに自動移行する設定方法と自動移行を解除する方法をご紹介します。

ユニバーサルリンクについて
リンクをタップした時に、アプリへの自動移行するのは、ユニバーサルリンクに対応しているアプリになります。対応していないアプリへの自動移行はできません。

例えば、Safari上で、Twitterのリンクをタップした時に、自動的にTwitter公式アプリが起動して対象ページを開きます。そのほか、Amazonの商品をタップした時に、Amazonショッピングアプリが開いて、対象の商品ページが開きます。このように、Safariからアクセスしたリンクであっても対応のアプリに移行するようにすることができます。

アプリの自動起動を停止、Safariで開く

Google検索
グーグル検索をした時に、対象のページを長押しして【開く】もしくは【新しいタブで開く】をタップすると、Safariでアクセスできます。

アプリに自動移行後
対象のアプリに自動以降した場合は、そのページの右上に出ているURLをタップすることでSafariのページにアクセスできます。

※Safariでアクセスしておくことで、次回からはアプリは起動せずSafariで開くようになります。

アプリを自動起動させる方法

Google検索
グーグル検索をした時に、対象のページを長押しして、上から3番目の【“アプリ名”で開く】をタップすると、対象のリンクをタップすると、そのアプリで自動的に起動するようにできます。

画像では、Amazonで試しているので、“Amazon”で開くをタップ!すると、Amazon公式ショッピングアプリで起動します。

ユニバーサルリンク対応のページ
Safariページで画面を一番上まで持ってくると、上部に「“アプリ名”Appで開く」と表示されるので【開く】をタップすると、アプリで起動するようになります。(一部自動にならないサイト、アプリがあります。)

下の画像は、Safariでamazon(ブラウザ版)にアクセスした画面です。

※ユニバーサルリンクに対応していない、もしくは対応アプリをiPhoneにインストールできていない場合は表示されません。

 
iOSの関連記事
  • iPhoneタッチパネル、3D Touch、ホームボタンの反応感度を調整する方法
  • iTunesエラー「iPhoneのソフトウェアが古すぎて復元できない」対処方法
  • iPadを使いこなす!!iPhoneと一緒に使えばもっと便利!!
  • iPhoneのアラーム音が小さい、鳴らない時の対処法【iOS11アプデ後の不具合】
  • Googleアカウントの連絡先の同期解除でiPhone本体の電話帳が消えてしまったら
  • App Store内のプレビュー動画の自動再生をしないようにする!データ通信容量節約に
  • LINEアプリが起動しない、開かない時に最初に行う4つの対処方法
  • iPhone Xでホーム画面への戻し方、コントロールセンター&通知センターの出し方