App Storeの雲のマークの消し方とダウンロード履歴の見方【iOS11】

iPhoneのApp Storeのダウンロード履歴がわかる「購入済み」アプリの確認方法とアプリインストールボタンを「雲のマーク」から「入手」の状態に戻す方法をご紹介します。

※動作確認:iOS11

App Storeの雲マークと入手ボタンの意味と違い

App Storeのアプリをインストールするボタンは、「入手」または「雲のマーク」が表示されます。それぞれが表示する条件について説明していきます。

<入手>
使用している端末にそのアプリがインストールされていない状態でサインイン中のApple IDで一度もダウンロードしたことのないアプリ。またはApple IDでサインインしていない状態。

インストールしたことがあるアプリの場合は、アンインストール済みで(購入済みの)履歴から削除(非表示)にしているものも「入手」ボタンになっています。

<雲マーク>
App StoreにサインインしているApple IDで過去にダウンロードしたアプリ、かつ現在使用中の端末(iPhoneやiPadなど)に入っていないアプリが「雲のマーク」になっています。

雲マークはダウンロードした経験があるアプリであることがわかるので、履歴として残したくないという方もいると思います。iOS11では雲のマークから入手ボタンにiPhone単体で簡単に戻せるようになっているので気になる方は消しておきましょう。

ダウンロード履歴の見方

App Storeを起動させて、右上の【アカウントアイコン】を押して【購入済み】を開きます。

※サインインしていない場合はApple IDとパスワードを入れてサインインしてください。

次に上のタブを【このiPhone上にない】にすると、現在利用中の端末に入っていない、過去にダウンロードしたことのあるアプリが表示します。

これが過去にダウンロードしたことのあるアプリ、履歴ということになります。

雲のマークの消し方

※要注意:有料アプリを雲のマークを消すと、再び有料で購入する必要があります。雲のマークの状態であれば一度ダウンロードした有料アプリ(買い切り)はアンインストールしても無料でインストールできます。

ダウンロード履歴に表示しているアプリが雲のマークになっています。入手に戻したいアプリのところで左側にスワイプして【非表示】をタップすると履歴から消えます。

非表示にしたら、App Storeアプリを再起動させてみると雲のマークは消えて、入手になっていることが確認できます。

 

 

 

 

シェアする