iPhoneの画面がついたままで自動でスリープにならない時の対処方法

ある日、iPhoneを操作した後に画面がつけたまま放置していると画面がつきっぱなしになっている状態でスリープモードにならないことに気づきました。このように、iPhone画面が自動で消えない場合の対処方法をご紹介します。

発生状況

iPhone8(iOS11)にて自動でスリープにならない問題が発生。何分経っても画面は明るいままで消える気配はありませんでした。

スリープにならないこと以外はiPhoneを操作していておかしいと感じたところはなく、インターネットやアプリなど操作した範囲では正常に動作していました。

対処①:設定の確認

まずは、設定を見直してましょう。

【設定】⇒【画面表示と明るさ】⇒【自動ロック】と進めて、30秒、1分、2分、3分、4分、5分、なしの中から選ぶことができます。

ここの設定が「なし」になっていると、スリープボタン(電源ボタン)を押さないと画面が暗くならないので、自動的にスリープにならない場合は「なし」になっている可能性もあります。

対処②:一時的な不具合の可能性

設定上の問題なさそうであれば、一時的な不具合である可能性が考えられます。

iPhone本体の再起動を試して見ました。

■iPhoneの再起動
【電源ボタン】を長押し⇒【スライドで電源オフ】⇒電源が切れたのを確認できたら、再び【電源ボタン】を長押し

今回、私が発生した不具合では、再起動で復旧させることに成功しました。

原因が特定できないが一時的に何らかの不具合が端末上で発生している場合、再起動することで解消されることがよくあります。

対処③:OSの問題

対処①②で改善しない場合は、利用中のiOSのバージョンで不具合があるかもしれません。バージョンアップができる場合は、アップデートで改善できるかもしれません。

※まれにOSアップデートに失敗してデータが消えてしまう可能性があります。事前にバックアップをとっておくことをおすすめします。

OSアップデートのやり方(Wi-Fi接続)
【設定】⇒【ソフトウェア・アップデート】より行えます。

※パソコン(iTunes)を利用してアップデートすることもできます。

同じような問題に遭遇している方の参考になれば幸いです。

 

 

シェアする