携帯3社がスマホを5000円以下で契約できる低料金プランを導入する!!4月以降に施行!!

4月以降に5000円以下で契約ができるスマートフォン向けプランが施行されます。1月7日、ソフトバンクの発表では、データ容量1GBを選択する事ができるようになるという。データ容量1GB=2900円での提供。ドコモは、家族向け料金プランにデータ容量の少ないプランを選択肢に入れる。KDDI(au)も今夏までに新プランを新設する予定だ。

ソフトバンクの5000円以下のプランについて

新料金プラン データ容量1GB=2900円

スマ放題ライトで1GBプランの契約が可能に!
通話し放題ライト 1700円
S!ベーシック 300円
データ容量1GB 2900円
こちらの合計金額が4900円(税抜)になる。

これまでスマ放題ライトでの安い契約はデータ容量5GB
通話し放題ライト 1700円
S!ベーシック 300円
データ容量5GB 5000円
合計7000円

これまでの最安はスマ放題のデータ容量2GB
通話し放題 2700円
S!ベーシック 300円
データ容量2GB 3500円
合計6500円

ドコモからの家族向け新料金プランについて

ドコモでは、家族で契約をしているとデータ容量をシェアして使う契約が主流である。そうする事で個別に契約するより安い契約が可能な『シェアパック』プランが提供されている。シェアパックは、一番小さいパックで10GBが提供されている。契約した10GBを家族で共有して使えるプラン。恐らくこの『シェアパック』の容量の小さいプランが追加されると思われます。また、個人向けの1GBプランについては、ソフトバンクと同等のプランを検討しているようです。

最後に

KDDIについては、まだ詳しい内容はわかっていないが、ドコモのようなシェアパックの提供がないため新たに導入する可能性もある。auでは、すでに1GB以下のプランで割安で契約できるプランがあるが年齢や機種など選択する為の条件があり厳しい(ジュニアプランやシニアプラン)。今回の総務省からの指導では、ライトユーザー向けのプラン5000円以下が課題となっているため、ソフトバンクと同じような料金体系を設けるのではないでしょうか。もしくは、ジュニアプラン、シニアプランのような格安プランをライトユーザー向けのプランとして見直すといったところでしょうか。

参考記事:産経ニュース

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。