ドコモ、4つの新サービスを発表、電話は振ってあてるだけ

NTTドコモは、5月11日『2016夏 新サービス・新商品発表会』を行いました。発表会では、『VoLTE (HD+)』、『PREMIUM 4G™』、『スグ電』、『おすすめ使い方ヒント』の4つの新技術が紹介されました。この4つの新サービスは、同発表会で紹介された夏モデルの対象機種に搭載されます。

VoLTEを超える音域『VoLTE (HD+)』

VoLTE (HD+)

ドコモの音声通話は、FOMA(フォーマ)、VoLTE(ボルテ)が提供されていました。それに加え、今回VoLTE を超える高音質でより肉声に近い通話ができる『VoLTE (HD+)』が発表されました。ビデオコールの通話音声もクリアに聞こえる。

対応機種は、2016夏モデルの3機種『Xperia X Performance SO-04H』、『Galaxy S7 edge SC-02H』、『AQUOS ZETA SH-04H』で搭載されます。

音声帯域が広い順に並べると、FOMA<VoLTE<VoLTE (HD+)の順となります。通話料は、従来のVoLTEと同料金で利用でます。

5月19日より提供が開始となり、Galaxy S7 edge SC-02Hの発売と同時に利用ができる。

振ってあてるだけ『スグ電』

スグ電

スマホでの電話は、タップを平均4回、操作するのに両手を使う必要があります。『スグ電』を使えば、スマホを1回振る⇒耳にあてるだけでOK。電話を受ける、かけるがタップレスでできる。振って耳にあてるだけで電話が簡単に使えるから、手が濡れていたり、手袋をしていても、すぐに電話を使うことができます。

夏モデルの『Xperia X Performance SO-04H』、『Galaxy S7 edge SC-02H』、『AQUOS ZETA SH-04H』、『arrows SV F-03H』の4機種で対応する。

PREMIUM 4Gが進化

PREMIUM 4G 375Mbps

新周波数帯を追加し、周波数帯をまとめて高速通信を実現するキャリアアグリゲーションの技術で通信速度が下り最大375Mbpsの超高速通信が可能に。『Xperia X Performance SO-04H』、『Galaxy S7 edge SC-02H』の2機種で対応。

おすすめ使い方ヒント

おすすめ使い方ヒント

一人ひとりの使い方や状況に応じて、端末をより快適にお使いいただくためのヒントを表示。使いこなすと表示される内容もランクアップ。『Xperia X Performance SO-04H』、『Galaxy S7 edge SC-02H』、『AQUOS ZETA SH-04H』、『arrows SV F-03H』、『Disney Mobile on docomo DM-02H』、『arrows Tab F-04H』に搭載されます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。