ドコモ公式発表『シェアパック5追加』『カケホーダイライトプラン適用拡大』3月1日から

ドコモは、2016年3月1日よりシェアパック5の追加とカケホーダイライトプランのシェアパック適用プランの拡大を正式に発表しました。低利用頻度のご家族は、プランの変更をすることをおすすめします。

シェアパック5の内容

『シェアパック5』=6500円/月
家族でシェアして利用することができる、低利用の家族向けのデータプラン。

シェアパック5料金サンプル

家族3人でシェアパック5で契約すると、合計13500円/月、1人当たり4500円/月の負担。ドコモの利用年数が15年以上であれば、さらに800円安くなる。

カケホーダイライト適用拡大

カケホーダイライトとの組み合わせは、『シェアパック15/20/30』でしたか、それに加え『シェアパック5/10』も追加されます。

選択するプランの目安

『シェアパック5』=6500円/月、『シェアパック10』=9500円/月

《例:シェアパック5とシェアパック10どちらにするか迷っている》
シェアパック5と10は、差額が3000円。1GB追加=1000円
毎月の利用が8GBまでで収まるならシェアパック5を選択する方が安くなる可能性が十分ある。
シェアパック5+3GB追加=8GB=9500円
毎月データ利用量が異なるため、必要に応じて追加購入する事で安くなる。シェアパック5に3GB+してもシェアパック10と同額の9500円/月で済む。使い方次第ですが、毎月8GBまでに必ず収まるならシェアパック10を選択するよりもシェアパック5で契約し追加購入する方が料金は安くできる可能性が高いです。

最後に

利用頻度が少なめの家族は、これまでの支払いよりかなり安くできるプランが提供されます。一度、プランの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

docomo報道発表資料

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。