ドコモ「シニアはじめてスマホ割」の基本料金や割引内容を解説

ドコモは、60歳以上のユーザーを対象にした「シニアはじめてスマホ割」を2017年6月1日から提供することを発表しました。締め切りは当初2017年10月10日までとなっていましたが、2018年2月28日まで延長されました。

シニアはじめてスマホ割の特典内容と条件

本割引サービスの条件として、60歳以上の利用者がFOMAからXi契約への変更もしくは、他社ケータイからXi機種を契約し、対象プランへの加入が必要である。

割引内容は、最大1520円の割引を24か月間受けることができるというもの。契約する通話基本プランに応じて割引金額が異なり、カケホーダイプランまたは、カケホーダイライトプラン契約で1520円の割引、シンプルプラン契約で980円の割引した基本料金で利用することができます。

はじめてスマホを利用するシニアが通常プランよりも割安な料金でスマートフォンの利用を始めることができる割引サービスとなっています。

シェアオプションで契約した時の基本料金の内訳

カケホーダイプラン カケホーダイライトプラン シンプルプラン
基本料金 2700円 1700円 980円
SPモード 300円
シェアオプション 500円
シニアはじめてスマホ割 ▲1520円 ▲980円
合計 1980円 980円 800円

シェアオプションは、家族がシェアパックのパケット定額サービスに加入している方が、家族の契約したデータ容量を共有して利用できるパケットパック。個別に契約する場合は、データS、M、Lなどの別の契約をする必要があります。

シニア特割との違いは?

現行のはじめてのスマホ割+シニア特割が5月31日で終了し、入れ替わる形でシニアはじめてスマホ割の受付が開始します。

シニアはじめてスマホ割は、5月24日より開始した新料金プランのシンプルプランに対しても割引があり、シンプルプランの基本料金が実質0円になります。

シンプルプラン以外のプランを選択時の割引額は同じですが、低価格で契約できるシンプルプランが、さらに安くのは「シニアはじめてスマホ割」のうれしい特典ではないでしょうか。ガラケーからスマホへの機種変更に抵抗があった方も、本キャンペーンを利用することで料金面では緩和されるかと思います。

無料特典:かんたんスマホ講座1回分

シニアはじめてスマホ割と一緒に、あんしんパック/プラス、あんしん遠隔サポートを申し込みして、31日以内に「かんたんスマホ講座」を予約する通常1講座1800円(または900円)が無料になります。

アプリ、LINE、インターネット、カメラ、らくらくスマートフォン3 入門編などよく使うサービスを学ぶことができる講座が用意されています。

スマホ操作に不安がある方は、講座を受けて操作の理解を深めることができます。

公式サイト シニアはじめてスマホ割|NTTドコモ

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。