ソフトバンク、家族の居場所や安否情報を共有できる『みまもりマップ』災害などの対策に

ソフトバンクは、『みまもりマップ』を2016年5月以降にサービス提供を開始(予定)することを発表しました。事前にみまもりマップに登録・設定しておけば、家族の位置情報をマップでの確認や安否情報を共有することができる。災害発生時などの緊急時に家族の安全が確認できます。

※『みまもりマップ』はSoftBank、Y!mobileのスマホに加え、他社スマホもご利用可能。

『みまもりマップ』の利用に関して、グループ管理者は『スマートフォン基本パック(月額500円)』、『iPhone基本パック(月額500円)』、または『位置ナビ(月額200円)』の加入が必要となります。他の家族は、無料で利用可能。

『みまもりマップ』でできること

家族などをグループ登録しておくと、お互いの居場所をマップで確認、共有が可能。通知機能を設定すれば、指定エリアを移動した時に登録したメンバーに学校や病院などしてしたエリアに到着、出発した時に知らせることができます。災害発生時は、災害発生エリアにいるメンバーに災害情報が通知され、グループに『無事』『危険』をメンバーに知らせ、現在の居場所を共有できます。救援依頼『SOS』をタップすれば、近くにいるメンバーに救援を求めることができます。『SOSブザー』を利用すれば、周囲の人に救援をもとめることも可能。

みまもりマップ画像

最後に

家族で設定しておけば、緊急時や小さな子供の居場所の確認など、家族で設定しておけば不安な時も『みまもりマップ』で位置情報や安否確認をすぐにできるのですごく便利。他社製のスマホの設定も可能なので、家族全員がソフトバンクを利用してなくてもOKです。

ソフトバンク みまもりマップ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。