スマホの充電が急激になくなる3つの原因と解決方法

スマホの充電が急激になくなる3つの原因と解決方法

充電が急激になくなる現象でショップに訪れるユーザーも多くいます。充電残量が50%残っていたはずが急に電源がきれたなど。

このようなときに、携帯ショップに相談すると、詳しい原因が分からない場合は、本体やバッテリーに異常がないか、メーカーに点検に出す形になります。点検に出すということは、修理の時と同様に基本的にはデータが初期化されて戻ってくると思ってください。そうなると、データのバックアップと復元など面倒なこともありますし、メーカーに送っている間は、ショップで借りたスマホを使う羽目になります。運が悪ければ、代替機がなく、点検期間中はスマホを使えないことになります。

スマホを購入して間もない状態で、頻繁に起こっているのであれば新品交換ができないかなどの相談もしておいた方が良いです。

携帯ショップのプロに見てもらうのもいいですが、自分でできることもあります。このページでは、急激に減る3つの原因と解決方法について書いていますので、よければご参考に改善するか試してみてください。

スマホの充電が急激になくなる3つの原因と解決方法

・スマホで表示される電池残量と実際に充電されている残量にズレが生じている。
・バッテリーの劣化・故障
・スマホ本体の故障・SDカードやSIMカードが原因

充電残量の表示ズレ

スマホの利用期間が短い場合で起こっているなら、可能性が高い

解決方法

充電を完全に0%まで使い切る(電源ボタンを押しても電源も立ち上がらない状態にする)
電源を切ったままフル充電する(完全に充電がない状態で充電すると勝手に電源が立ち上がる機種は、立ち上がったらすぐに電源を切る)

上記を何度か行っても直らない場合、端末の初期化オールリセットを行う。

原因

・メーカーで動作確認された充電器を使っていない
・過充電(充電が満タンになっても充電器を挿したまま)
・電圧の違う充電器を使い分けている(充電スピードが違う充電器)
・アプリが不具合を起こしている

バッテリーの劣化・故障

スマホの利用期間が長いことで起こっているなら、バッテリー劣化の可能性が高い

解決方法

バッテリーが劣化している場合は、バッテリーの交換で改善します。最近のスマホは、バッテリー内蔵タイプが多い為、メーカーで行うものが増えています。内蔵のものは、通常は自分ではできないのでメーカーに送って交換してもらえます。

取り外し可能な機種は、バッテリーを注文して自分で交換できます。

原因

利用頻度が多い方や長期間利用によりバッテリーが弱っている
バッテリーに熱を持っている状態で使い続ける
メーカーで動作確認された充電器を使っていない
過充電(充電が満タンになっても充電器を挿したまま)
電圧の違う充電器を使い分けている(充電スピードが違う充電器)

スマホバッテリーについて

スマホのバッテリーの多くは、リチウムイオン電池を使っています。リチウムイオン電池は、充電の回数が決まっています。これを充電サイクルと言い、500回の充電すると性能が半分になり、交換時期の目安となってきます。期間で言うと利用頻度にも寄るが、1年~2年が交換時期と言われています。バッテリーの寿命を延ばすには、0%になってからの充電より充電が少しでも残っている状態で充電する事で劣化を防ぎます。

スマホ本体の故障・SDカードやSIMカードが原因

スマホ本体の故障 可能性 高い
SDカードやSIMカードが原因 可能性 低い

解決方法

SIMカード・SDカードを抜いた状態で利用して試したり、カードを新しいものと交換して試してください。スマホ本体の故障の場合は、アプリなどの不具合が原因ならオールリセットを行う事で改善の可能性があります。ただし、本体の基盤など機械的なところが原因な場合、修理に出す必要が出てきます。

最後に

急激な充電の減りには、原因が必ずあり、自分で解決できる内容もあります。まず、できる事を行ったうえで携帯ショップで相談してみては、いかがでしょうか?意外と簡単な事で改善される事もあります。

4 件のコメント

  • 今日急に切れてバッテリーすごい減ってびっくりしたの
    原因がいくつか当てはまるの
    ありがとうなの!

  • ものすごくさんこうになりました!!結構前からなっていて気のせいだと思ってたのですが原因がわかっただけでもよかったです!!!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。