Googleアカウントのログイン履歴の調べ方。不正アクセスや乗っ取り対策設定

Googleアカウントにログインした履歴を確認する方法を紹介します。ログイン履歴を確認することで、外部からの不正アクセスがされていないか、乗っ取りなどの危険性はないかなどを調べることができます。

Googleアカウントは世界中のインターネットからアクセスすることができ、いつどこで危険に晒されるかわかりません。不審に思った時に、自分のGoogleアカウントへのログイン履歴をチェックしてみよう。怪しい端末からのアクセスがあるようであれば、早急に対処する必要があります。

基本的には、不正アクセスなどについては設定している方法(Gmailなど)で通知されるようになっています。しかし、場合によっては通知が届かないこともあるかもしれません。不安に思ったら、調べておこう。

 不正ログイン・怪しいアクセスがないか確認

セキュリティイベントをチェックする
Googleアカウント情報」へアクセスし、【ログインとセキュリティ】⇒【イベント表示】より最近のセキュリティイベントのチェックを行います。

セキュリティに関する過去28日間の情報を確認できます。パスワード変更や新しい端末へのログイン情報がリストアップされます。ここで、不審な情報が出ていないか確認できます。

問題があるようであれば、【アカウントを保護する】をタップして、セキュリティ診断を行いセキュリティ強化を行おう。

ログイン履歴を調べる
Googleアカウント情報(上記リンク)へアクセス⇒【ログインとセキュリティ】⇒【最近使用した端末】⇒【デバイスを確認する】より、現在ログインしている端末と過去28日間にログインした端末と日時、場所を確認することができます。

不正ログイン、乗っ取り対策

セキュリティ強化のために、パスワードの変更、二段階認証の設定。もし乗っ取られ、パスワードを変更されてしまった時に備えて、アカウント復旧情報(再設定用の電話番号、メールアドレス)の設定などを行っておくことをおすすめします。

Googleアカウント情報(上記リンク)にアクセスし、セキュリティ診断を行おう。セキュリティ強化ができる設定を一通り行えます。

Googleアカウントのセキュリティ診断のやり方(Googleトップページからの操作手順)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。