アップル下取りキャンペーン開始、iPhone SEの割引にも

アップルで下取りキャンペーンが開始されています。Apple Store(店頭)で下取りに出すと、新しいiPhoneの本体価格から割引することができます。その他、インターネットからオンラインで下取りに出す場合は、下取り額分のApple Storeギフトカードが自宅に送付されてきます。下取りできる機種は、iPhoneやiPadに加え、他社製のアンドロイドスマートフォンも下取り可能。

アップル下取りキャンペーン

オンライン下取りは、ソフトバンク傘下のブライトスター社が行っています。Brightstarオンライン下取りページで製造番号(IMEI) 、モデル番号、シリアル番号のいずれかを入力して、次のページで電源が正常に入るか、ボタンは正常に動作するか、水濡れはないか、などのチェック項目をすべて選択し、次のページへ進むと下取り金額が表示されます。

対象となるアンドロイドスマートフォンは、1000円~24200円の下取り金額となります。

【iPhoneの下取り金額目安】

モデル 下取り金額
iPhone4/4s 最大3500円
iPhone5/5s/5c 最大14600円
iPhone6 最大31000円
iPhone6 Plus 最大36000円

【iPhone6/16GBで下取り額を検証】

電源/ディスプレイ/デバイスのボタン/デバイス外観/水濡れによる損傷/カメラが正常であるかチェック項目があります。

全て正常の場合は、最大の31000円と表示されました。16GBですが、iPhone6の最高下取り額となりました。容量は関係ないのでしょうか。

電源もしくは、水濡れによる損傷の項目どちらかに異常がある場合は、下取り額0円となります。

ディスプレイ/デバイスのボタン/デバイス外観/カメラの4項目ひとつでも異常があると下取り額は、9500円になります。すべて異常ありでも9500円となりました。

最後に

iPhone SEなど機種を購入される際は、下取りの活用でお得に購入できます。ただし、下取り額を見ると他店での下取り(買取専門店、オークションなど)の方がお得になる場合もありますので、吟味して下取りに出した方がいいかもしれません。

iPhone下取りキャンペーン – Apple(日本)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。