『iPhone7』はiPhone6sよりも1mm薄型化、ボディは金属筐体、防滴レベル!?

『iPhoneSE』の発表が近づいている中、秋に発売すると噂されている『iPhone7』ですが、厚さがiPhone6sよりも1mm薄くなるという情報があります。

iPhone7は薄型化する!?

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuoが予想するように、iPhone 7はiPhone 6sと比べて、高さや幅は変わらず、液晶面側が1mm薄くなるようです。Macお宝鑑定団Blog

Macお宝鑑定団によると、iPhone6sと比べ、高さ、幅は同じで厚みだけサイズ変更され、1mm薄くなるようです

『iPhone6s』のサイズ
高さ138.3mm 幅67.1mm 厚さ7.1 mm

『iPhone7』のサイズ
高さ138.3mm 幅67.1mm 厚さ6.1 mm

『iPhone6』厚さ6.9mm⇒『iPhone6s』厚さ7.1mmと0.2mm薄くなりましたが、『iPhone7』は大幅に薄くなるようです。『iPhone7』では、イヤホンジャックが廃止する可能性もあり、薄型化と関係がありそうです。薄型化されることで強度の問題も気になるところです。また、スピーカーは、モノラル仕様だったものがステレオに変更するとの情報も。

ボディは金属製の筐体が採用、防滴レベル

気になるボディですが、iPhone6sと同じように金属製のボディとなり、防滴レベルの加工になるようです。

《防滴について》
防水性能は、防水規格によりランク分けされています。0~8あり、1~3が防滴、4~8が防水と言えるレベルになります。簡単に言うと防滴は少量の水がかかっても問題ないレベルを指し。防水は、水に浸けても問題ないレベルを指します。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

携帯電話業界の経験者やアプリエンジニアなどのモバイルに関する専門知識を有するライターがiPhone、Androidの料金や使い方などスマホに関する情報をお届けします。初心者にも理解しやすく読みやすい記事を目標に書いています。